AYコーナー山ブログNO2

アクセスカウンタ

zoom RSS 皆瀬川支流オオタ沢 2016年12月15日

<<   作成日時 : 2016/12/15 23:41   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
画像


2016年12月15日(木、晴)皆瀬川支流オオタ沢 【EAさんとコラボ】

 1ヶ月前に皆瀬川流域を歩いた時から気になっていた「オオタ沢」、地図上では一番目立つ支流。
 記録をググって、明日にでもと思っていたらグッドタイミングでEAさんからTel、これはラッキー、単独予定がコラボ成立となっての入渓となりました。

※下記記録を参考にさせていただきました。
kamogさん
その空の下で
ゼフィルスさん

オオタ沢対岸県道余地P7:07〜皆瀬川渡渉〜7:17入渓〜7:52最後の堰堤〜8:10【275m二俣・右へ】〜8:55大滝〜9:16【380m二俣・右へ】〜9:49取水設備10:00〜10:01【470m二俣・右へ】〜11:00脱渓〜旧道〜11:10登山道〜11:22高松山11:47〜12:05見晴台〜オオタ沢右岸尾根〜13:28下降終了(皆瀬川横断)〜13:34駐車場所


 オオタ沢の大きな切れ込みを見て対岸の県道(725号線)余地に駐車。

▼獣の匂いがプンプンするな〜、と思って川への経路に入ると河川段丘上に罠にかかった若いイノシシとアナグマがいた。イノシシはこの先にあるイノシシ牧場に連れて行かれるんだろうが、トラバサミのアナグマは放されるのかな、アンヨが痛そう。
画像


▼皆瀬川を渡渉
画像


▼刈られた篠藪の間を通って
画像
 

▼入渓 7時17分
画像


 暫く続く堰堤(全部で9基)は、すべて右岸の経路で越えていく。

▼最後の堰堤越え、画像では判り難いが経路あり。
画像


▼堰堤終わってようやく沢歩きの雰囲気、出来るだけ足を濡らさないように歩きます。
画像


▼標高275m二俣(1:2)を右に入るとゴルジュとなる。
画像


▼ゴルジュが終わると右岸に小滝のある支流が流入
画像


 標高350m辺りで本流は左に屈曲、右と正面から水流は少ないが絶った滝で小沢が出合う。

▼右の沢には多段の滝
画像


▼正面の沢には3条の滝
画像


 屈曲した本流には、この沢の大滝ともいえる10m直瀑が忽然と現れる。(トップ画像)
 立派な滝だが目にする人は稀だろう。

 勿論登るのは無理なので写真に収めたら巻きに入る。
 左自然林、右植林、どちらでもOKそうだが巻いたのは少し戻って右の植林斜面。

▼右(左岸)を巻いてトラバース中、旨い具合にロープ替りの木の根があった。
画像
画像


▼大滝越えるとナメ
画像


▼標高380mの二俣(2:3)の左俣には8m位の滝が見える。
画像


 右(本流)に進むとS字に曲がってゴルジュとなる。

▼濡れないで通過は難しそうな小滝が連続、右岸植林帯に上がって巻く。
画像


▼続く連瀑もまとめて巻く。
画像


▼ナメ帯となるが右岸には並行するハッキリした経路が現れる。
画像


▼経路を歩いて行くとパイプが横断
画像


▼あらよっと
画像


▼さっきのパイプはこの取水設備から。
画像


 すぐ上で標高470mの二俣(1:1)、高松山側に突き上げている右へ。

▼水流がなかなか無くなりません。小滝いくつか。
画像
画像


▼よっこらしょっと
画像


▼ようやく水流消えて源頭の雰囲気になると土の溝となって土留めが現れる。
画像
画像


 大きく抉れた泥壁となって遡行終了、右に数歩あがると古いが立派な経路、旧登山道かも知れない。10分程辿って現登山道に合流、更に10分少々で高松山山頂。

▼11時22分、高松山山頂に到着。女性二人休憩中。
画像


▼富士山は雲の中
画像


▼箱根方面、左下の丸山に目立つ建物は(株)トヤマの本社ですよとEAさん、ユニークな会社らしい。
画像


 下山はオオタ沢右岸尾根で。
 人遠側には降りたことはあるが、地図読み標高530mから左折するのは初めて。

▼左折して向かう方向には立派な仕事道が現れる。
画像


▼ハイ、お疲れさまでした〜。
画像


▼朝のイノシシ達はもういません。新しい餌が次の獲物を待ってました。
画像


 EAさん、渋〜い所にお付き合いありがとうございました。ジャボジャボ&シャワーで歩けば、また違った印象の沢になったかも知れませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもマイブログを見て下さりありがとうございます。
皆瀬川ではたしかにオオタ沢は目立つ長い沢ですね。このあたりも沢名がいろいろで悩ましい所です。
オオタ沢は「森の中の渓流歩き」とkamogさんが書かれているので、私もいつか行ってみたいなぁ・・ヒル様に気をつけながら・・
パートナーに皆瀬川を紹介してもらってから、一緒に何本か遡行させてもらい関心を持ちましたよ。
沢風
2016/12/22 10:51
今年も楽しく拝見させていただきました。
四季折々の湘南平もいいですね!色々参考になります。
「オオタ沢」、水流を避けて歩いたせいかシブ〜い沢という印象でしたが、足を濡らしてナメや小滝を歩けばまた違った沢になったかも知れません。でも、大滝は、オオッー!でした。
皆瀬川支流では「一ノ沢」が一番楽しかったですよ。
AY
2016/12/22 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
皆瀬川支流オオタ沢 2016年12月15日 AYコーナー山ブログNO2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる