AYコーナー山ブログNO2

アクセスカウンタ

zoom RSS 鍋割山から新松田へ 2016年12月18日

<<   作成日時 : 2016/12/18 22:42   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
画像
画像


2016年12月18日(日、晴)寄大橋〜栗ノ木洞〜鍋割山〜檜岳山稜〜秦野峠〜高松山〜新松田駅 【単独】

 未踏のV尾根で栗ノ木洞へ登ってから鍋割山へ。
 山頂で好天の眺望を楽しんだら新松田駅を目指して縦走下山にチャレンジ。

寄大橋発6:32〜後沢最初の二俣界尾根〜8:32栗ノ木洞〜8:48後沢乗越〜9:45鍋割山10:12〜10:25鍋割峠(レガーさんとバッタリ)〜11:02雨山峠〜11:37雨山〜12:02檜岳(ランチ)12:23〜12:46伊勢沢ノ頭〜13:11秦野峠〜13:24林道秦野峠〜13:56新秦野線29号鉄塔〜14:07西ヶ尾〜14:18ヒネゴ沢乗越〜14:35高松山14:50〜15:08尺里峠(大六天)〜15:19高松集落四つ角〜15:46最明寺史跡公園〜16:29東名高速ガード〜16:41新松田駅
 
 渋沢駅から🚖で寄大橋へ。

▼寄大橋出発 6時32分、大橋は塗装工事でリフレッシュ。
画像


【後沢最初の二俣界尾根〜栗ノ木洞】

▼整備された後沢沿いの経路に入って15分程で標高545mの最初の二俣(4:1)、この二俣の中間尾根が未踏なので、今日はこれを登ってから鍋割山へ行くことに。右の沢の奥には8m滝が見えます。
画像


▼登る尾根には古い仕事道の跡、危険地にはロープが設置。
画像
画像


 仕事道は露岩帯を左に避けてジグザグと登り、戻って露岩帯の上で尾根の背を跨ぐと今度は右に現れた植林地に降っていく。植林を透して見た右俣は水流有るか無きかの平凡なゴーロ、見どころは最初の8m滝だけのようです。

▼仕事道と離れ、疎林となった尾根を登る。
画像


▼標高730m辺りの小さなピークを通過すると尾根の左に壊れた鹿柵が現れる。
画像


▼枯れたテンニンソウとウツギ低木の斜面を登って
画像


▼稲郷と栗ノ木洞とを結ぶ大きな尾根に出る。登山道と間違うような立派な道が植林の中にあって、もう栗ノ木洞に到着と勘違い、暫く山頂道標を探して右往左往。
画像


 国土地理院1/25000地図を引っ張り出して現在地確認、栗ノ木洞は左折して更に60mばかり高度を上げたところでした。

▼8時32分、出発してから丁度2時間で栗ノ木洞(908.1m)に到着。鍋割山へ行くには結構な寄り道、下山には不向きだし、今回のルートはもう利用することは無いだろう。
画像


 今日のV歩きはここまで、あとはすべて登山道とハイキングコース。


【栗ノ木洞〜鍋割山】

 折角稼いだ高度を100mばかり吐き出して後沢乗越へ、大倉側からの登山道と合流すると登山者いっぱい。

▼後沢乗越通過8時48分、ここから鍋割山頂まで高度差470mの登り。
画像


▼後沢右岸尾根分岐の標高1000m地点通過 9時10分、ここへ直接登って来るより凡そ1時間の遅れ。残り高度差270m。
画像

 
 後ろに近づく登山者には道を譲り、所々で休憩中の方に挨拶してはゆっくり登る。
 
 高度上がった登山道は、溶け始めた霜柱が踏まれてドロンコ状態、こういう時は木製階段が有り難い。

▼9時45分、ようやく鍋割山頂に着きました。休んでいる間にも続々登山者到着。
画像


 
【鍋割山〜檜岳山稜〜高松山〜新松田】

 体調異常無し。

 10時12分、まずは雨山峠目指して下山開始。

▼アレ! なんとレガーさんじゃありませんか!!鍋割峠でチーム丹沢の皆さんと嬉しいバッタリ。これからお○○コースとのこと、お気を付けて〜。
画像

 「寄大橋にはEAさん車両」との情報も頂きニカニカ、どこを彷徨ってるのかな〜。

▼降り鎖場2ヶ所、登り返し鎖場1ヶ所通過して、11時02分、雨山峠に到着。休憩なしで雨山に向かう。
画像


▼200m登り返して、11時37分、雨山山頂(1176m)
画像


▼水棚沢源頭の崩壊地、また少し広がったような感じ。向うに見えるのは檜岳
画像


▼12時02分〜12時23分、檜岳(1167m)でランチタイム。
画像


▼ベンチの先から蛭ヶ岳方面
画像


▼伊勢沢ノ頭手前の元気なブナ
画像


▼12時46分、伊勢沢ノ頭(1177m)通過
画像


▼秦野峠に下降中、これから辿る稜線を見る。新松田までは遠いなあ〜。(赤矢印の山の向こう側)
画像


▼13時11分、秦野峠
画像


▼峠の下で沢を跨いだら旧道でショートカット、あまり通行が無いようで結構薄くなっている箇所もある。
画像


▼はい、現登山道に合流(振り返って撮影)です。壊れた鹿柵扉が旧道出入り口。
画像


▼13時24分、林道秦野峠に到着。シダンゴ山方面林道は来年1月26日まで舗装工事で全面通行止め。
画像


▼その林道に入って1分、右の登山道へ。
画像


▼13時40分、高度差約100mの急登をヘロりながら稜線に出る。体調によってはシダンゴ山から寄下山に変更も考えていましたが、特に変調無くチャレンジ続行、高松山方面へ。
画像


▼緩やかなアップダウンで送電線鉄塔新秦野線29号ピーク
画像


▼鉄塔過ぎたら急なアップダウンで西ヶ尾
画像


▼14時18分、はなじょろ道交差するヒネゴ沢乗越
画像


▼14時35分、ようやく高松山に到着。3日前にはEAさんと来たばかり。このひと月では3回目。
画像
画像


 展望を独り占めにして最後の休憩をとったら出発14時50分、まだ大倉尾根より長い距離が残ってます。

▼足に優しいハイキングコースでは少し🏃も入れながら。
画像


▼15時08分、尺里峠(第六天)通過
画像


▼15時19分、高松集落四ツ角通過、道標に従って最明寺史跡公園方面へ。
画像


▼本日最後の登り返し
画像


▼西日を浴びて
画像


▼15時46分、最明寺史跡公園に到着
画像


▼みかん農道下降中、金時山の向こうに陽が沈む。
画像
画像


▼長い下山もいよいよ終了
画像


▼16時41分、新松田駅に到着。お疲れさ〜ん。
画像


 いやはや、結構なロング下山でありました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
恐れ入りました。
自分には全く考えつかないロングのコースですね。
それに走って降りて行ったのですね。
真似は絶対に無理です。
ところで寄での新東名の工事現場を写した写真があれば見たいですね。
よろしくお願いします。
EA
2016/12/26 21:01
時季もいいし体調も異常無かったのでチャレンジしてみました。
最後の長〜い舗装農道では足にきてしまいましたが、下山即便利な駅というのは良かったです。
夏場だったら無理だったですね。
丹沢大周回のEAさんには、この程度は軽〜いもんじゃないですか。

工事現場写真了解です。メールで。
AY
2016/12/27 06:18
AYさん
嬉しい出会いをありがとうございました。
同じ界隈をニカニカの方が歩いていると思うと、
気持ちが乗ってきます♪

お話で伺っていましたが、やはり地図でみても長いですね。
さすがのコース取りと思いました。
雪山も歩きたいのですが、春先の世附もお願いしますね。
レガー
2016/12/27 13:02
レガーさん
いや〜、嬉しいビックリバッタリでした(^^)
同じ界隈を、お○○仲間が歩いていると思うとニカニカになってしまいますね♪

疲れましたがその分充実感もあり、チャレンジして良かったと思いました。
春先の世附、楽しみにしてますよ〜(^^)
AY
2016/12/27 19:39
AYさんのロングは、いつも予想不可能な所へゴール(^^;
一度お供させていただきたいと思うのですが、
見るのと歩くのとは大違い、たぶん足を引っ張ってしまうので
おとなしく?春先の世附行を楽しみにしています♪

今年もたいへんお世話になりました m(_ _)m
来年もよろしくお願いいたします。
はっぴー
2016/12/28 21:02
一度なんておっしゃらずに、ご一緒してくださいな〜(^-^)
>足を引っ張ってしまうのでおとなしく?
とんでもない!お待たせばかりしてるのは私の方じゃないですか。
マイペースにお付き合いにいつも感謝感謝です。

春先の世附、楽しみにしています♪(その前にもね♪)

こちらこそ今年もたいへんお世話になりました m(_ _)m
来年もよろしくお願いいたします。

AY
2016/12/29 04:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
鍋割山から新松田へ 2016年12月18日 AYコーナー山ブログNO2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる