AYコーナー山ブログNO2

アクセスカウンタ

zoom RSS 寄沢支流清兵衛ノ沢 2016年12月21日

<<   作成日時 : 2016/12/21 22:48   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
画像


2016年12月21日(水、晴) 寄沢支流清兵衛ノ沢 【EAさんとコラボ】

 このところ寄沢周辺探索に足繫く通っているEAさん、それでもまだまだ未知の沢・尾根があるらしい。
 前夜、コラボのご都合伺うと本日OK、あとをお任せすると、寄沢支流の清兵衛ノ沢遡行で如何かと。
 ちょっと怖そうだが、EAさんが一緒なら心強い、よろしくお願いしま〜す。
 この沢は、今まで大滝(60m)を観賞したらUターンするか、大巻きしてそのまま登山道へ出てしまうか(右岸尾根3回、左岸尾根2回)で、大滝上を遡行したことは無かったのです。

寄大橋P 6:54〜7:35清兵衛ノ沢出合7:48〜8:02大滝下〜右岸巻き〜8:26大滝落口〜10:15登山道(標高1240m)〜10:45鍋割山10:55〜11:15鍋割越場沢二俣〜左俣〜11:40右岸の尾根に逃げる〜(ランチ)〜12:32鍋割山〜12:45大崩壊地上〜右岸下降〜13:11大崩壊地横断13:17〜寄越場沢左岸尾根〜13:28登山道〜14:28寄大橋P

 EAさん車両で寄大橋へ、出発6:54。

 歩き始めは全くダメなので、ブラリブラリ歩きにお付き合い頂き、清兵衛ノ沢出合着7:35。

▼寄沢左岸(標高610m)に堰堤で出合う清兵衛ノ沢、EAさんは3日前に対岸の山ノ神渡ノ沢(左岸尾根登り)に来たばかり。
画像


 7:48、休憩後出合の堰堤を右岸から巻いて入渓、続く堰堤2基も右岸から、4番目の半分埋まった堰堤は積んだ石に乗って直接越える。

▼4番目の堰堤越えるとドーム状となった中に多段60m位ありそうな大滝(トップ画像も)、水流乏しいので見栄えイマイチ。
画像


 大滝を登っているネット記録を見たことはないが、山荘の草野さんは昔登られたそうだ、ボロボロで悪かったと。

▼右岸巻く、落石避けに位置をずらして登る。
画像


▼急斜面を慎重に沢に降り、落口に立つ。
画像


▼落口、左右から。4〜5段のようだ。
画像
画像


▼さあ、上に行きましょう。
画像


▼こんな所まで測量に入ったようだ。
画像


▼水流ある間は快適な遡行
画像
画像
画像


▼左岸にガレの沢、本流直進
画像


▼そろそろ涸れそう
画像


▼よっこらしょっ
画像


▼下部の半分湿った棚、これはイヤらしい。EAさんは左のルンゼ状を少し登り、落口に斜上するバンド状に移って小さく巻き、自分は小尾根に乗って大きく巻く。
画像


▼巻き途中のEAさん
画像


▼もう沢には戻れそうもないかな〜と思いながら小尾根を登っていったらラッキー、30m位高度を上げたら獣道(黄色線)が沢に降りていた。EAさんと合流し、真ん中の倒木を跨いで岩床の本流へ。
画像


▼左壁の絶ったボロボロの狭い沢(というか溝)になってきた。このすぐ先の小さな涸棚でEAさんのシュリンゲにお世話になる。
画像


▼本流の右へ
画像


▼この先にも小さな涸棚、パカパカボロボロ剥れ先行するEAさんが苦労している。OKが出るまで右の壁に隠れて剥がした落石を避ける。ここもシュリンゲを垂らしてもらって越えた。
画像


▼稜線が見えてきたが、まだ大変そう。
画像


▼最後の一踏ん張り
画像


▼もう大丈夫
画像


 10時15分、標高1240m辺りの登山道に出て詰め上げ成功、単独では途中で逃げてしまったろう、EAさんに感謝々々。

 今日の目的は達成だが、相談の上おまけのもう1本でうんと短い所、こういう時でなければ歩くことも無い鍋割越場沢左俣に決定、取り敢えず鍋割山へ。

▼鍋割山頂から
画像


▼ハイ、鍋割越場沢二俣に降りてきました。左を遡行、水流無いガレ沢とは承知の上。
画像


▼ただのゴーロを遡って最後はボロボロの涸棚、その上は突破不能の崩壊地。清兵衛ノ沢より悪そう。
画像


▼という訳で遡行諦め、右岸の尾根風に逃げる。
画像


▼朝とは真逆から鍋割山へ
画像


 下山は、EAさんリクエストにより大崩壊右岸を下降、旧道に出たら崩壊地横断、寄越場沢左岸尾根と繋いで登山道へ。

▼大崩壊地上の草原
画像


▼崩壊地を見下ろす
画像


▼右岸下降中
画像


▼旧道に出たら
画像


▼崩壊地横断、岩雪崩を起こしそうで怖い。
画像


 横断終わったら左岸尾根を下降、登山道に出て出発地に戻る。


 清兵衛ノ沢を詰められたのはEAさんのお助けがあったからこそ、単独では無理だったでしょう。

 EAさん、ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
当初は清兵衛ノ沢の両岸の尾根でも歩こうかと思っていましたが、AYさんが一緒ということなので沢に入ることが出来ました。ボロボロの沢でしたが、詰め上げられたのは大成果でしたね。安全に気を配り、来年もよろしくお願いします。
EA
2016/12/31 08:10
いや〜、ボロボロでしたね〜。
詰め上げ成功はコラボの成果ですね!
お助けありがとうございました。

こちらこそ、安全第一で来年もよろしくお願いします。
AY
2016/12/31 15:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
寄沢支流清兵衛ノ沢 2016年12月21日 AYコーナー山ブログNO2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる