AYコーナー山ブログNO2

アクセスカウンタ

zoom RSS 大山裸地尾根&雪の北尾根 2017年1月10日

<<   作成日時 : 2017/01/10 23:47   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
画像
画像


2017年1月10日(火、晴)大山裸地尾根&雪の北尾根 【単独】

 山頂から裸地まで行くが石尊沢への下降は止めてUターン、大山北尾根のスノーハイクに変更、新雪のツボ足歩きを楽しんで、後はバテバテ。

大山ケーブルバス停 6:37〜こま参道〜6:55男坂〜7:33下社7:40〜表参道〜9:17大山山頂9:4510:07裸地10:2810:56大山山頂戻り11:02〜北尾根〜11:23ネクタイ尾根分岐〜11:52西沢ノ頭〜12:18ミズヒノ頭〜13:00鉄塔(16号)〜13:03境沢ノ頭〜13:54一ノ沢峠13:57〜14:03唐沢林道〜14:25小唐沢橋〜15:10物見トンネル〜15:19物見峠15:38〜登山道(途中旧道)〜16:43清川村役場前バス停(発)17:05


 伊勢原駅6時10分発の大山ケーブルバス停行き始発便に乗る。

 さすがに1月も10日の平日となれば早朝登山者は少ない、他には常連さんらしき1人だけ。

 開店前の「こま参道」、同バスだった方はあっという間に見えなくなって前も後ろも人影無し。

 登りはいつも女坂利用だが、今日は久しぶりに男坂、朝日の赤い木漏れ日が気持ち良い。

▼追分駅手前の十月桜
画像


▼朝日を浴びてノンビリ朝食中の鹿2頭、男坂途中で。
画像


▼売店の呼び込みも無い静かな下社
画像


 独り占めの下社で今年二度目の参拝をしたら、表参道で大山へ。

▼富士見台から今日はクッキリと富士山が見えた。
画像


▼踏み跡凍結で16丁目からアイゼン装着、画像はイタツミ尾根合流手前
画像


▼大山山頂は0cm〜40cm位
画像
画像


▼江の島方面
画像


▼電波塔側に廻って富士と丹沢
画像
画像


 北尾根入口の脚立を越えて右折、鹿柵沿いに回り込んで電波塔北側から裸地尾根へ。

▼裸地尾根側にはトレース無し、やはりアイゼン装着して進む。
画像


▼裸地から振り返り見た山頂。前後と違って雪が無い。
画像


▼北尾根側
画像


 雪質から石尊沢への下降は中止、風も無くポカポカの裸地に座って早ランチしたら、もう一度山頂に戻って仕切り直し、今度は快適そうな北尾根へ。

▼北尾根に入るとワカン先行者1名分、トレースに乗って暫く楽チン歩き。
画像
画像


▼先行者はネクタイ尾根へ向かってました。
画像


▼その先の北尾根は真っさら、積雪10cm〜40cmのツボ足歩き。
画像


▼西沢ノ頭
画像


▼ミズヒノ頭付近
画像
画像


▼真っ新歩きの楽しさもいいかげん飽きてきた頃、16号鉄塔に到着。
画像


▼16号鉄塔と境沢ノ頭間には往復する1名分のトレース、地獄沢橋側から上がってきて鉄塔でUターンされたようだ。
画像


 山頂から境沢ノ頭までは、無雪期ならば1時間のところ今日は丁度倍の2時間もかかってしまった、疲労度も倍の感じ。

▼境沢ノ頭からのヤセ尾根は、滑り易い雪となって、木の根を縦に踏まないよう暫く慎重下降が続く。
画像


▼モミの大木が見られるようになった辺りで雪が消える。
画像


▼一ノ沢峠
画像


▼唐沢林道に降りると薄い雪に男女2人分と思われるトレース、所々凍って転倒注意で進む。
画像


▼途中に真新しい崩落、先行者の通過後に発生した模様。
画像


▼重い足でようやく物見峠に到着
画像


▼下山は、十数年ぶりに旧道を利用してみたが結構荒れてしまっていた。
画像


▼谷太郎川で泥を落として本日の山行終了、ハア疲れました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
このところ精力的に歩かれていますね。
裸地尾根で初めてお会いしてニコニコされていたAYさんを思い出します。
私たちが歩いた24日はたぶんAYさんのトレースを使わせてもらったのだと思います。
ありがとうございました☆
沢風
2017/01/29 22:25
はい、ありがとうございます。
今の時季は東中心になってしまいますけどね(^^)
私の方も、裸地尾根いくたびにビックリバッタリを思い出してニカニカしてしまいます。
24日お疲れさまでした、一人分の往復トレースでしたら私のかもですね、がに股で使い難かったでしょう(^^)
AY
2017/01/30 20:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
大山裸地尾根&雪の北尾根 2017年1月10日 AYコーナー山ブログNO2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる