AYコーナー山ブログNO2

アクセスカウンタ

zoom RSS 書策新道〜沖ノ源次郎沢左岸尾根〜塔ノ岳〜マルガヤ尾根〜寄 2017年1月22日

<<   作成日時 : 2017/01/22 23:35   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像


2017年1月22日(日、晴)書策新道〜沖ノ源次郎沢左岸尾根〜塔ノ岳〜鍋割山稜〜マルガヤ尾根〜ミズヒ大滝〜後沢乗越〜後沢〜寄 【単独】

 未踏の沖ノ源次郎沢左岸尾根を楽しんで塔ノ岳へ。

 山頂休憩後は、尊仏ノ土平から鍋割山へ登り返すつもりで西尾根の下降に入りましたが、残雪状況から体力に不安を感じ不動の水場で下降中止、塔にUターンして鍋割山稜の稜線歩きとマルガヤ尾根下降の体力要らずルートに変更しました。
 マルガヤ尾根は、928mピークからミズヒ大滝へ久しぶりに右折下降、西山林道歩きは止めて、後沢乗越経由で寄に下山としました。

渋沢駅から🚖→5:50〜戸川林道〜7:16戸沢出合(東屋休憩)7:25〜7:34書策新道〜8:25本谷横断地点(F5上)8:37〜8:45沖ノ源次郎沢出合〜沖ノ源次郎尾根〜10:49大倉尾根合流〜10:52金冷シ〜11:09塔ノ岳11:40〜11:50不動の水場11:56〜12:15塔ノ岳戻り〜12:26金冷シ〜12:35大丸〜12:50小丸〜12:54マルガヤ尾根〜13:32【928mピーク】13:38〜14:05ミズヒ沢大滝14:30〜14:36登山道(ミズヒ沢出合)〜14:57後沢乗越〜後沢〜15:14後沢経路合流〜15:31寄水源林林道(後沢出合)〜15:41寄大橋(着替え)15:55〜16:25寄バス停(発)16:35

 始発便で渋沢駅下車、🚖利用で大倉着5時50分、風の吊橋渡ったらまだ暗い戸川林道を暫くヘッデン着用で歩く。

 戸沢出合に到着して東屋で最初の休憩 7時16分〜25分、駐車場には既に7台、林道途中抜かれたのは2台なのであとの5台は大分早い時間の到着か小屋止まりの車だろう。

 7時34分、書策新道に入ってようやく山歩きとなる。

▼戸沢出合
画像


▼朝日の当たり始めた書策新道をノンビリと歩いて
画像


▼本谷F5上の横断地点に着いたらまた休憩 8時25分〜8時37分
画像

 
▼横断地点から少し遡ると右岸に涸棚(2段20m+20m)で出合うのが沖ノ源次郎沢。岩登りのゲレンデとなってるらしいが広沢寺のように取り付いているのを見たことがありません。
画像


▼近づいてF1(20m)観察、勿論登らないが眺めていると登れそうに見えて来るのが怖い。クライマーには簡単なんだろうけど。
画像


 巻いて棚上に戻るなら右の短いガレルンゼを登るのだろうが、今日は沢には入らないのでそのルンゼの右(左岸)から尾根に取り付く。

▼ルンゼ右側、結構な傾斜を木を伝わりながら登る。
画像


▼更に傾斜増して慎重に四足歩行、枯葉に隠れた岩斜面に注意。下降の場合にはロープが欲しい所。
画像


▼高度差100m位でヤセ尾根小ピークに到着して一安心、ここまでがこの尾根の核心部だった。
画像


▼Fいくつかな?沖ノ源次郎沢には残雪
画像


▼尾根光景
画像
画像


▼登り易い岩ゴロ地帯も
画像
画像


▼楽しかった未踏尾根の登りもそろそろ終了
画像


▼ハイ、沖ノ源次郎沢の頭(仮称)に到着です。近頃はやりのお節介且つ無責任テープは一切無く、気持ち良く登れました。下降に利用するとRFが楽しめそうです。
画像


▼相模湾方面
画像


▼大山方面
画像


▼10時49分、登山者途切れるのを見計らって登山道へ
画像


▼3分先に金冷シ
画像


▼チェーンアイゼン着用した登山道は快適でした。
画像


▼11時09分、塔ノ岳到着、鍋割沢側から猛烈な吹上風があって登山者は反対側に集まってました。(トップ画像も)
画像


▼富士はくっきり、鍋割沢は白くなってました。
画像


▼蛭ヶ岳方面
画像


▼大山方面
画像


 11時40分、尊仏ノ土平目指して西尾根に進むと、三脚持ったソロ男性が上がってくる。山中や🚌で良く見かける方、バリエーション歩きをしながら花や景色を楽しまれているようです。今年は何回位お会いすることになるのだろう。

▼西尾根には複数トレース、踏み抜かれている所は50cm以上、最初の方はご苦労さんでした。
画像


▼120m位降った所に不動ノ水場、残雪状況から体力に不安を感じてここでUターン。
画像


 12時15分、戻った山頂はそのまま通過して金冷シから鍋割り山稜に向かう。

▼12時35分、大丸通過
画像


▼12時43分、小丸尾根分岐通過、小丸尾根側への通行止め表示は無かったので間伐作業は終了したのかも。
画像


▼12時50分、小丸通過
画像


▼12時54分、マルガヤ尾根下降に入る。遭対協から安易なテープを絶対貼らないよう要請されているにも関わらず、また新しいピンクやら紫の無責任テープがヒラヒラと貼られてしまっていました。貼ったご本人は撤去に来ないと思うのでクリーン活動をしてきました。
画像


▼928mピークで小休止
画像


 大倉戻りなら本谷出合側へ下降なのだが、今日は後沢乗越から寄へ出るので久しぶりにミズヒ沢大滝に向かってピークを右折。本谷側にはテープが放置されたままなので、どなたかクリーン活動をよろしく。

▼大滝上の石杭(2ヶ所あり)を見るのも久しぶり
画像


▼右に大滝を見ながら
画像


▼下降終了、ミズヒ沢大滝(25m)見物しながら最後の休憩14時05分〜14時30分、上部に日が当たって綺麗な写真が撮れません。
画像


▼14時57分、後沢乗越通過
画像
 

▼快適下降して振り返り見た乗越
画像


▼後沢経路
画像


▼寄大橋着15時41分、バス発までには丁度いい時間
画像


▼途中で着替えてノンビリとバス停へ
画像


▼最後にトンビの大群が見られました、50羽以上。
画像


 今日はコースを変更して正解、予定どおり尊仏ノ土平へ降りていたらヘッデン利用になったかも知れません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
書策新道〜沖ノ源次郎沢左岸尾根〜塔ノ岳〜マルガヤ尾根〜寄 2017年1月22日 AYコーナー山ブログNO2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる