AYコーナー山ブログNO2

アクセスカウンタ

zoom RSS 畦ヶ丸〜大界木山〜信玄平〜地蔵平〜二本杉峠〜世附権現山 2017年2月4日

<<   作成日時 : 2017/02/04 23:08   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
画像
画像


2017年2月4日(土、晴) 西丹沢自然教室〜畦ヶ丸〜大界木山〜城ヶ尾峠〜信玄平〜地蔵平〜さかせ古道〜二本杉峠〜世附権現山〜大仏ノ野〜焼津 【単独】


 道志側からコラボで偶に訪れることはあっても、山北側からぐるっと巡ることは滅多に無い大界木山。

 以前巡ったのは、まだ新松田駅5:55発西丹沢行きバスが運行されていた頃のこと。
 その頃に比べて出発時間は1時間30分遅く、おまけに城ヶ尾峠からのトラバース登山道や地蔵平と二本杉峠間の「さかせ古道」も随分荒れてきてしまった。

 今日は、現地の状況や体調によっては適宜転進ということで当時巡ったコース(最後の大仏ノ野だけ違います)を辿ってみましたが思いのほか順調、コース変更も無く、予定したバスには余裕をもって下山することが出来ました。

(※記録を調べ直してみたら現在のバス時間になってからも大界木山訪問が1回ありました。その時はもう少し短いコース、二本杉峠を越えたら細川橋へ下山してました。)

西丹沢自然教室 8:33〜9:07下棚見物〜9:20本棚見物〜10:03善六ノタワ〜10:52畦ヶ丸(早ランチ)11:18〜11:32モロクボ沢ノ頭〜11:45野外教育センター分岐〜12:11大界木山〜12:28城ヶ尾峠〜12:43信玄平〜13:10地蔵平13:26〜さかせ古道〜14:36二本杉峠14:42〜15:28世附権現山15:40〜16:00大仏ノ野16:05〜16:33焼津〜(着替えて学校前酒店ベンチで一人反省会)学校前バス発17:24〜新松田でardbegさん・nenetaさんと合流して3人反省会


 新松田駅7時25分発西丹沢行き始発バスで、終点西丹沢自然教室下車。

▼8時33分自然教室出発、河内川に架かる吊橋「西丹沢公園橋」を渡って、まずは畦ヶ丸を目指します。
画像


 途中、下棚&本棚見物 分岐には道標があって、どちらも登山道から2〜3分も入れば目に出来ます。折角だから観賞していきましょう。

▼薄茶色の岩肌を滑るように落ちる下棚(下棚沢F1)落差25m、コントラストが強すぎて写真が上手く撮れませんでした。
画像


▼本棚(本棚沢F1)落差50m、今日は水量少なめ、いつもはもっと豪快に感じます。凍結は飛沫だけ。
画像


▼右の涸棚(唐棚沢F1)、落差120mとも。
画像


 登山道は、唐棚沢の支流を跨ぎながら高度を上げ、稜線に到着するとすぐに「善六ノタワ」、そのすぐ先のベンチにはパンパンに張った大きなザックの男性ペアが休憩中、この方達とはまた畦ヶ丸で再会、避難小屋泊での山行のようでした。

 ベンチ先の小さな鞍部に降って木段を登り返すと、あとはまったり気分の稜線歩き、所々残雪踏んでブラリブラリと山頂へ向かいます。

 途中、もう下山してくる登山者ソロも含めて4人とすれ違い、全員若者でした。

▼稜線登山道
画像
画像


▼10時52分、取り敢えずの目的地、畦ヶ丸山頂(1292.6m)に到着。
画像


 避難小屋側のベンチに移動して早やランチとしたら、チェーンスパイク装着して出発11時18分、予定どおり甲相国境尾根へと向かいます。

▼畦ヶ丸〜モロクボ沢ノ頭の間の展望地から
画像


▼11時32分、モロクボ沢ノ頭左折。
画像


▼11時45分、野外活動センターへの分岐通過
画像


▼登山道には先行する複数の真新しいトレースがありました。
画像


▼12時11分、大界木山(1246m)通過。ベンチも無く、山頂標識がぽつんと立つだけ。
画像


▼甲相国境尾根の静かな稜線歩きを楽しみます。
画像
画像


▼12時28分、城ヶ尾峠通過、先行者のトレースも左のトラバース登山道に向かってました。ここから地蔵平までは登りの無い体力温存コースとなります。
画像


▼トラバース中、要注意の崩落個所(振り返って撮影)、先に体を倒して岩に手をついてから足を伸ばして渡りました、先行者は岩の上を巻いたようです。
画像


▼この橋のほかにもう一箇所使えない橋がありますが、踏み跡辿って渡れます。
画像


 途中、崩壊地をそのままトラバースする道(旧道)と高巻き道(新道)に分かれますが、当然楽なトラバース道を、先行者も同じ。

▼12時43分、信玄平(旧東海自然歩道分岐)で先行者に追いついてしまいました。地図を片手に大きなザックの若者3名でした。トレースのお礼を言って先行。
画像


 緩やかな傾斜の植林地を快調に下降、真っ直ぐ伸びていた登山?道は尾根の尖端に近づくと左折、バケモノ沢右岸沿いの道となり、少し下流で沢を横断すると地蔵平。

▼信玄平からの下降は、ほとんど植林地。
画像


▼バケモノ沢は飛び石で渡れました。(振り返って撮影)
画像


▼13時10分、広く開けた地蔵平(大又部落跡)に到着、暫しゴロンとなって休憩。
画像


※地蔵平について興味のある方はこちらをどうぞ。(yamanokoさんのHP、とても詳しく調査されてます)

▼13時26分、いつも綺麗に清掃されている地蔵尊に手を合わせてから「さかせ古道(道志歩道)」へ。
画像


▼山腹を巻く道の宿命、廃道となって年月経過すれば荒れるのは止むを得ません。往時の道を残す部分もありますが、慎重通過箇所は確実に増えてきています。危険個所にはロープが設置されてますが、V慣れしてない方は通行しない方が賢明でしょう。
画像
画像
画像
画像


▼14時36分、無事二本杉峠に到着、往時でしたら地蔵平から40分位だったんでしょうが、今日は70分もかかってしまいました。それでも大又沢林道〜千鳥橋経由よりは少し速いかも。
画像


 さあ、あとは権現山。

 まだ熱いポットの味噌汁で元気を出したら出発14時42分。

▼植林の急登を一歩一歩登って10分少々で前座の849mピーク、正面が目指す権現山。
画像


▼ピークから一旦40〜50m程降り、登り返しにかかると左(東側)に崩壊地、中川温泉方面の展望が拡がります。
画像


▼再度の急登で
画像


▼15時28分、本日最後のお山、権現山に到着です。心地よい疲労感に浸りながら最後の休憩。
画像


 予定のバスには十分時間がありますが、寒くなって下山開始15時40分。

▼下山は、第7回ニカニカ集会(2011/4/10)以来となる大仏ノ野(755m)経由で。左に見える草原が大仏ノ野。
画像


▼別称アンテナ広場、「マユミ」ちゃんもお久しぶり。
画像


▼ケーブル尾根とでもいうのかな?ずっと続く。
画像


▼16時33分、焼津に下山して本日の山行終了、お疲れさんでした〜。
画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
3人で反省会っすかー?いいですねー。反省会だけでも参加したいっすねー。
utayan
2017/02/08 21:46
集まっての反省会、楽しいですね〜。
是非ご一緒に!

AY
2017/02/09 06:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
畦ヶ丸〜大界木山〜信玄平〜地蔵平〜二本杉峠〜世附権現山 2017年2月4日 AYコーナー山ブログNO2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる