AYコーナー山ブログNO2

アクセスカウンタ

zoom RSS 大倉から西丹沢自然教室へ 2017年2月15日

<<   作成日時 : 2017/02/15 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
画像
画像


2017年2月15日(水、晴)大倉から西丹沢自然教室へ 【単独】


 絶好の山日和の中、素晴らしい景色を楽しみながら、雪の丹沢主脈・主稜線を伝って大倉から西丹沢自然教室まで歩いてきました。


渋沢駅…🚖…6:12大倉登山口〜9:08塔ノ岳〜10:10丹沢山〜10:43不動ノ峰休憩所10:53〜11:00不動ノ峰〜11:10棚沢ノ頭〜11:25鬼ヶ岩〜11:55蛭ヶ岳12:12〜13:10臼ヶ岳13:15〜13:27神ノ川乗越〜13:57金山谷乗越〜14:54檜洞丸15:02〜つつじ新道〜16:00ゴーラ沢出合〜16:32西丹沢自然教室(発)17:05

▼6時12分、大倉登山口出発、明るくなるのも次第に早くなって、もうヘッデンは不要でした。
画像


▼朝日を浴びる見晴小屋
画像


▼駒止小屋と堀山の家との間には平坦地が多く好きな所
画像
画像


▼花立
画像


▼金冷シを過ぎてもうすぐ塔ノ岳、汚れを隠す薄い新雪がキュッと締まって快適。この辺はいつも泥んこになる所。
画像


▼9時08分、塔ノ岳到着。写真を撮るだけで休憩無しで通過。
画像


▼雲一つありません。
画像


 塔ノ岳を少し降った辺りの坂でチェーンスパイク装着。

▼塔ノ岳〜丹沢間、日は当たってもまだ融け始めて無く、この区間もベストコンディションでした。
画像
画像


▼10時10分、丹沢山も休憩無しで通過。
画像
画像


▼不動ノ峰に向かって一旦110mばかり急下降します。下降途中、片方のチェーンスパイク破損で片足スパイクとなりました。
画像


▼降りたら草原状の中をゆっくりと登り返し。
画像


▼不動ノ峰休憩所で本日初めての休憩
画像


▼この辺はトレースの無い所はちょっと大変そう。
画像


▼辿って来た主脈
画像


▼11時丁度、丹沢第2の高峰「不動ノ峰(1614m)」通過
画像


▼11時10分、棚沢ノ頭通過、今年1月7日には左からV尾根(棚沢ノ頭西南西尾根)で上がってきました。
画像


▼11時25分、鬼ヶ岩、ここから鎖場の下降が始まります。
画像


 鎖場を下降して登りに入った所でソロ男性とすれ違って立ち話、大倉尾根でアッという間に見えなくなった凄い豪脚の方で、蛭とのピストンということでした。(帰宅後調べましたら、丹沢メインに歩かれているyou629さんと判明、そのタイムにはビックリ、V歩きもされてますよ。記録はこちら

▼蛭ヶ岳までもう少し。この手前には泥んこ道になっている所がありました。
画像


▼11時55分、概ね想定した時間に丹沢最高峰「蛭ヶ岳(1672.6m)」に到着(トップ画像も)。今年の初蛭となりました。ベンチではいづれもソロ男性3人が休憩中でした。
画像


▼宮ケ瀬方面
画像


▼これから向かう、臼ヶ岳〜檜洞丸方面
画像


 西丹沢自然教室17時05分発に乗るには、あまりゆっくりしてはいられません。

 これから先の雪の状況が判りませんので、ランチ早々に終えて出発 12時12分。足元も片足チェーンスパイクから両足軽アイゼンに変更。 

▼蛭から先にもトレースはありましたが、今日は誰も歩かれてないようでした。午後からの雪は緩んで、鞍部への急下降では緊張場面もありました。
画像
画像


▼ミカゲ沢ノ頭付近からの蛭ヶ岳
画像


▼13時10分〜15分、臼ヶ岳で小休止
画像


▼臼ヶ岳西側には「トウゴクヒメシャラ」が多い。
画像


▼13時27分、神ノ川乗越通過
画像


▼登ったり降りたりして、13時57分、金山谷乗越通過
画像


▼檜洞丸の登りにかかる辺りでは雪は消えてました。
画像


▼上部にはやっぱり雪がありましたが、0〜30cm位。
画像
画像


▼青ヶ岳山荘、ここから今日のものと思われるトレースが現れました。
画像


▼14時54分、檜洞丸山頂に到着。15時を目途にしていたので、緩んだ雪の割には順調でした。
画像


 少しの休憩で下山開始15時02分、歩き難くても登りのほとんど無い「つつじ新道」で下山します。木道が多いのでアイゼン外して出発。

▼降りしなの富士山
画像


▼大きなウロのシナノキ
画像


▼木道
画像


 石棚山稜分岐過ぎたらやっぱりアイゼン装着しましたが、邪魔な所もあれば、無ければ非常に怖い所もあって着脱その後2回、面倒なつつじ新道でした。

▼16時丁度、ゴーラ沢出合。もうバスまで余裕です。今日は、足を濡らさずに簡単に渡れました。
画像


▼あとはルンルントラバース道
画像


▼16時23分、つつじ新道登山口に出て本日の山行終了、お疲れさんでした(^^)。結局、蛭ヶ岳からここまでは、誰一人にも会いませんでした。
画像


▼会ったのは鹿さんだけ
画像



 キャンプ場で🍺を仕入れて自然教室へ、着替えながら教室のKさんと情報交換したらバス停へ。

 バス停には男性お一人、箒沢公園橋〜檜洞丸〜つつじ新道と周回されてきたというお方でしたが、つつじ新道と石棚山稜分岐近くのつつじ新道寄りに熊が出たそうです。
 同日、つつじ新道登山口付近でも目撃情報があったようですが、日に30kmも移動するという熊さんですので、別個体とは限りませんね。檜洞丸方面に行かれる方は一応念頭に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
同じ日に丹沢山を踏んでいるのですね。
驚きました。
また、私たちが蛭ヶ岳を樹間から眺めていたころ、そのピークにいらしたのですね。
それにしても、歩きが速い!っていうか、私が遅いのですが・・
あちこちに楽しみを見つけながら歩いていることもあり、夫とは歩調があいません。
だから、一人歩きが好きです。
これからの記録を楽しみにしていますね♪
沢風
2017/02/17 22:14
この雪のある時期でのロングコース、スゴイですね!
今、大倉尾根さんの記事で、時間は分かりませんが、
15日にツツジ新道入口付近で
クマさんの目撃情報があったことを知りました。
バッタリされなくて良かったですね。
http://ookuraone.blogspot.jp/

数年前、イガイガさんと水晶沢ノ頭から下る際の
至近距離での目撃と、シチミさんの動画拝見以来、
やっぱり単独Vは怖い〜(^^;
はっぴー
2017/02/17 23:13
ikukoさん、コメありがとうございます。
ブログ拝見して「あっ、同じ日に同じ所を踏んでいる〜」と嬉しくなりました。
>それにしても、歩きが速い!
いやいや、心臓に負担となる登りは全くのスローでしか歩けません。
逆に、それが長距離でも疲れが少ない原因なのかも知れませんが。
私も、あちこち楽しみを見つけながらの歩きって好きなんですけど(^^)
これからも、記録を楽しみにしていますよ〜♪
AY
2017/02/18 13:15
はっぴーさん、コメ&熊情報ありがとうございます。
薄っすらの新雪が汚れを覆い隠し午前中はとても快適でしたが、午後からはちょっと歩き難くなってしまいました。
記事の最後にも書きましたが、同日檜洞丸近くでも熊の出没があったそうです。
この時季は、見通しが効くので早い発見で襲撃を防ぎましょう(^^;
でも、Vはコラボで行きましょうね(^-^)
AY
2017/02/18 13:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
大倉から西丹沢自然教室へ 2017年2月15日 AYコーナー山ブログNO2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる