AYコーナー山ブログNO2

アクセスカウンタ

zoom RSS 鍋割山から日向薬師へ(長尾尾根〜札掛〜大山〜梅ノ木尾根) 2017年2月22日

<<   作成日時 : 2017/02/22 23:52   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像


2017年2月22日(水、晴) 鍋割山〜塔ノ岳〜新大日〜長尾尾根〜札掛〜15号鉄塔尾根〜大山北尾根〜大山〜梅ノ木尾根〜日向薬師 【単独】

 前回のコラボ山行時に、「長尾尾根を降って大山に登り返すってのもいいんじゃない?」っとガッツリ歩きの一つの話題に。

 今日はこれをヒントにコースをアレンジ、鍋割山から日向薬師まで歩いてみました。


渋沢駅…🚖…5:50東丹沢県民の森P先ゲート〜7:00後沢乗越〜8:13鍋割山8:269:43塔ノ岳〜10:00木ノ又小屋前ベンチ10:12〜10:19新大日〜長尾尾根〜11:36札掛〜11:40吊橋〜11:55県道70号線地獄沢橋〜15号鉄塔尾根(途中ランチタイム)〜13:50西沢ノ頭〜大山北尾根〜14:36大山14:41〜14:52不動尻分岐〜15:02【989mPベンチ】15:14〜15:23【893m分岐】〜15:46大沢分岐〜15:55二ノ沢ノ頭〜16:01浄発願寺奥の院分岐〜梅ノ木尾根〜16:37日向薬師方城坊〜16:43日向薬師バス停(発)16:45

 始発電車に乗って渋沢から🚖で東丹沢県民の森駐車場先のゲートへ、今日は登山道で鍋割山に登ります。

 5時50分、ヘッデンでゲート出発、すぐに明るくなって勘七橋までの装着。

▼後沢乗越通過丁度 7時00分。ゲートから1時間10分のスローペース。
画像


 朝日の当たり始めた登山道はまだ霜柱も溶けてなく快適、野鳥の混群がやってきては去っていく、ヤマガラ・コガラに他にも混じっていそう、白いお尻を見せて逃げていくのは雌鹿、久しぶりに二ホンリスも見る、高度上がると左には富士山が次第に姿を現してくる。
画像


▼スローペースを維持して鍋割山に到着 8時13分。誰もいない静かな山頂でした。
画像


▼相模湾方面
画像


▼富士山が綺麗に見えたのは、この時まででした。
画像


 8時26分、休憩終わって次は塔ノ岳へ。

▼鍋割山稜からの蛭ヶ岳方面、この後すぐガスが発生してきました。
画像


▼鍋割山稜のブナ
画像


▼大丸の慰霊碑
画像


 大丸から一旦降りに入ると本日初めての登山者、男性3人パーティーとソロ男性とすれ違い。 

▼一旦降り、登り返して金冷シ通過 9時27分
画像


 金冷シで大倉尾根に合流すると流石に登山者姿目立ち始め、速足ソロ男性3人に道を譲って9時43分、塔ノ岳に到着。

▼塔ノ岳山頂。さっきまでの青空は何処へやら。
画像


▼富士も蛭方面も低い雲に覆われてしまいました。
画像
画像


 強風もあって、写真数枚撮ったら山頂はすぐに退散、次は長尾尾根目指して新大日へ向かいます。

▼こちらの登山道は、もうドロドロになり始めてました。
画像


▼途中、木ノ又小屋のベンチで休憩
画像


▼10時19分、長尾尾根下降口の新大日(標高1340m)に到着、左折して札掛に向かいます。標高差900m、距離5.5kmの下降となります。
画像


▼下降開始から10分で分岐(標高約1240m)、境沢林道方面は通行止めのまま。
画像


▼上部は静かなブナ林が続きます。標高1100m位までは一部雪が残ってました。
画像
画像


▼後で登る大山
画像


▼植林帯となって標高1004mにベンチ、札掛まであと3.1km。
画像


▼11時16分、本谷分岐(標高約710m)を右折、札掛まで1.7kmとなりました。ここからはトラバース主体の道となります。
画像


▼11時22分、札掛分岐(標高約670m)をやはり右折、直進は黒龍尾根コースで考証林へ。
画像


▼モミの大木が目立つ気持ち良い道を下降して
画像


▼11時36分、順調に札掛(標高約440m)に到着しました。
画像

 
 次は大山。

 ここからが体力的にきつくなるところですが、ここでこの時間なら十分余裕を持って登ることができます。バテないようブラリブラリと登ることにしました。

 まずは、吊橋を渡って県道70号線をヤビツ峠方面に向かい、地獄沢橋まで歩きます。

 地獄沢橋からは3コース、最も一般的な境沢ノ頭の16号鉄塔コースのほか西沢ノ頭への15号鉄塔コース、大山に最も近い14号鉄塔のモノレールコースとありますが、本日採用したのは15号鉄塔コース(以前可愛いアオバトに遇ったコース)。
 
▼地獄沢橋付近の三椏
画像


▼地獄沢に架かる極楽橋
画像


▼ランチタイムの後、巡視路で新多摩線15号鉄塔へ
画像


▼急尾根も経路(仕事道跡)を使ってゆっくりと登ります。
画像


▼13時50分、西沢ノ頭(標高1094m)に到着して15号鉄塔尾根終了。残すのは穏やかな大山北尾根だけです。
画像


▼北尾根の二又シナノキと株立ミズナラ
画像
画像


▼いよいよ大山山頂、北尾根の雪はほとんど融けて山頂手前に少し残っているだけでした。
画像


▼はい、14時36分、山頂に到着です。今年5回目となりました。ソロ男性2人のみの静かな山頂でした。
画像
画像


 あとは下山。 

 山頂グルッと廻って下山開始14時41分。

▼雷ノ峰方面への下降口に木道新設
画像


▼ドロドロ登山道降って不動尻分岐、左折。
画像


 989mのベンチで最後の休憩後、893m分岐右折、778m分岐左折、大沢分岐右折、二ノ沢ノ頭左折で浄発願寺奥ノ院分岐から梅ノ木尾根ハイキングコースに乗って日向薬師へ。

▼ロープのある893m分岐右折
画像


▼大沢分岐右折
画像


▼梅ノ木尾根のアカガシ、ヤブツバキ帯
画像


▼ミヤマシキミ
画像


▼日向薬師梅林
画像


▼梅林の下の三椏はもう満開でした。
画像


▼方城坊
画像


 方城坊では手を合わせる時間も無く、最後は日向薬師の階段をかけ降ってバス停へ急ぎ、16時45分発にどうにか間に合いました。お疲れさん。


 「長尾尾根を降って大山に登り返す」を入れたコースは、新大日までのアプローチと大山からの下山をどうするかによってガッツリ度が大分違ってくると思います。(車の方にとっては、ヤビツ峠にPしての周回位しか考えられませんが)

 例えば、大山でまだ物足りない方は、大山三峰で煤ヶ谷下山とか南山稜で鶴巻温泉下山とか鐘ヶ嶽北尾根下山とか、逆に大山でいっぱいいっぱいの方は、下社でケーブルカーに乗車しても。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鍋割山から日向薬師へ(長尾尾根〜札掛〜大山〜梅ノ木尾根) 2017年2月22日 AYコーナー山ブログNO2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる