AYコーナー山ブログNO2

アクセスカウンタ

zoom RSS 菰釣山〜大栂〜富士見峠〜地蔵平〜荷干沢〜ブナ沢ノ頭 2017年3月11日

<<   作成日時 : 2017/03/11 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

画像


2017年3月11日(土、曇・晴)三ヶ瀬西沢林道ゲートから菰釣山南東面周回 【ardbegさん、nenetaさん、AY】


三ヶ瀬西沢林道ゲート発7:39〜ブナ沢右俣〜9:02甲相国境尾根〜9:14菰釣山9:349:58大栂〜10:48富士見林道横断〜10:52富士見峠〜11:11富士見峠林道終点11:17〜11:42地蔵平12:08〜12:25荷干沢・白水ノ沢出合〜荷干沢遡行〜15:06甲相国境尾根〜15:09ブナ沢ノ頭15:16〜15:43三ヶ瀬西沢林道ゲート着

 6時、自宅近くでnenetaさん車両にピックアップして頂き、宮ケ瀬を抜けて道志道を山中湖方面に向かう。

 道の駅の信号左折、三ヶ瀬西沢林道に入ってガタガタ道を進み、鎖ゲート前の余地に駐車、本厚木から1時間半程度だった。他に車両無し。


【ブナ沢〜菰釣山】

 7時39分、鎖ゲートを跨いで出発。
 林道、ブナ沢沿いの登山道と進み、登山道が沢から離れる所からそのままブナ沢を遡行、真っ直ぐ詰められれば地図上では菰釣山への最短ルート。

 登山道から離れて10分少々で顕著な二俣、直進の左が正解だったが、水流と小滝に誘われ右に入ってしまう。
 3m小滝、階段状小滝と越え、水流消えて5m涸棚を左から巻くと雪の詰まったルンゼ状となり、角度を増して稜線に突き上げている。キックステップで登れるような積雪では無くチェーンスパイク装着して手近な小尾根に逃げる。暫くは我慢の四つん這い急登。

▼直進本流は水流消えたガレの沢
画像


▼入ったのは水流と小滝のある右
画像


▼薄く雪の詰まったルンゼ状となって遡行中止、左の尾根に逃げる。
画像
画像


▼ゲート出発から1時間35分で菰釣山、時間短縮にもなって無いし素直に登山道の方が余程楽チン。
画像


▼枝を大きく広げた元気なブナ
画像


▼富士、山中湖方面の展望
画像



【菰釣山〜大栂〜富士見峠〜地蔵平】

 山頂ベンチで20分ばかり休憩後、大栂に向かって南に下降開始。

▼先導はnenetaさんにお任せ
画像


▼すぐに三角点(1347.9m)。「橅ノ丸」の名称があるが、特にピークとなっている訳ではない。
画像


▼藪も随分薄れてきたが、Danny君はどうかな(^^)
画像


▼藪帯過ぎると開放的なブナの尾根
画像


▼最低鞍部の「大樽(タルミ)」、登り返せば大栂。
画像


▼ハイ、大栂到着。shiloさんと大栂ノ沢を詰めた時(2015.10.12)以来の訪問です。
画像


 次は富士見峠へ。

少し南に降って標高1170mで織戸峠方面への尾根と分かれ左折、
東に向きを変えるとブナやシナノキの大木林立するルンルン尾根の下降となる(トップ画像)。

▼ハリギリの大木も
画像
画像


▼標高1120mで右に向きを変えて南東尾根へ。こちらもルンルンだ。
画像


▼尾根筋から見下ろした所に一際目立つ大木が目に付いたのでザックをデポして観察に。
ケヤキの巨木でしたが丹沢では最大級。
画像


▼標高1024mPを過ぎると右がカヤトの原となり西側の展望が一気に開ける。
画像


 M−Kさん「うさぎ救出事件」のあったネットが現れれば南東尾根もそろそろ終了。

▼その先の小さなピークのソーラーパネル式「拡声器」は壊れて、もう落っこちていた。
画像


▼富士見林道横断、道跡辿った尖端はザレ落ちてるので適当な場所を選んで下降。
画像


▼すぐに富士見峠
画像


 峠の東には富士見歩道の跡が見えるが、今日は西に接する富士見峠林道を起点まで歩いてから地蔵平へ。

▼富士見峠林道
画像


▼起点
画像
画像


▼起点近くには三椏群生
画像
画像


▼植林地を下降して地蔵平にむかう。アンテナ線らしきは集落があった頃の名残りだろう。
画像


経路に乗って下降すると二俣より50m程イデン沢に入った所に降り立つ、段丘に炭焼き窯跡がある。

ardbegさん、nenetaさんは、すぐにイデン沢を跨いで林道に這い上がる。
自分は二俣まで行ってから飛び石で渡り、地蔵平へ。

▼今年2回目の地蔵平(大又部落跡)
画像
画像



【荷干沢】

富士見林道白水沢橋手前から白水ノ沢左岸の林道を進み、
二俣(白水ノ沢・荷干沢出合)の堰堤上に降りて荷干沢遡行開始。
昨年6月、utayanさんの待ち伏せにあった所。

▼合流点からすぐに堰堤二つ、いづれも左岸の踏み跡で越える。
画像


▼ほとんどがゴーロ歩き
画像


▼小滝やナメ帯も少しはあるが水苔ヌルヌル、夏場なら快適なのだが。
画像
画像
画像


▼荷干沢本流を最期まで詰めるのは全員初めて、ardbegさんの後を追って登る。
画像
画像


ボロルンゼが藪斜面に消えて詰め上げ成功。
稜線に出て右に少し移動、ブナ沢ノ頭から北に下降してPに戻る。


送迎&車内宴会付き贅沢山行、ardbegさん・nenetaさん大変お世話になりました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
大欅、以前歩いた時は気が付かなかったな〜。尾根から外れてるんでしょうね。
レコ読むたびに宴会がうらやましい。車内宴会ということはne〜さんがアッシー(今はハンドルキーパーというのか?)でしょうね〜。車内カラオケもあり?
utayan
2017/03/18 08:29
同じ尾根、utayanさんも歩かれてたんですね。
尾根から離れてますが、一見の価値はあると思いますよ。次回がありましたらどうぞ。
宴会=🍺🍻片手に丹沢のあれこれを静かに語り合う会=^_^=、是非ご一緒に(^^)
AY
2017/03/18 14:13
 現地再訪して思い出しました。その時は遠目に大きなブナだな〜なんて思ってました。通せんぼの木はハリギリですか。葉っぱ&花の時期に再訪ありかな。
 鞍部に残る径路痕辿れば以前歩いた織戸沢右岸の林道につながるかも?気が向いたら行ってみま〜す。
utayan
2017/04/06 14:29
現地再訪、先程拝見させていただきました。
相変らずのオ○○コースですね(^^)
大欅、正解。通せんぼのYの木もハリギリで正解です。
鞍部に残る経路痕は富士見歩道?
だとすれば織戸沢右岸の林道と織戸沢の間にある古い経路に繋がるハズですね〜。
検証報告、楽しみにしてますよ〜(^^)
AY
2017/04/07 00:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
菰釣山〜大栂〜富士見峠〜地蔵平〜荷干沢〜ブナ沢ノ頭 2017年3月11日 AYコーナー山ブログNO2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる