AYコーナー山ブログNO2

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅瀬〜山神峠〜椿丸〜織戸峠〜富士見峠 2017年3月19日

<<   作成日時 : 2017/03/19 23:07   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
画像
画像

画像


2017年3月19日(日、晴)浅瀬〜三保山荘跡〜山神峠〜椿丸〜織戸峠〜上法行歩道〜富士見峠〜井戸沢右岸尾根〜林道〜浅瀬 【ardbegさん、nenetaさん、AY】

 きょうもardbegさん・nenetaさんコンビからお誘い頂き、浅瀬にPして世附の3峠をグルッと周回してきました。
 
 浅瀬ゲート前Pに到着すると隣の車両は沢装備中の女性お二人、一目見てardbegさん「あっ、ikukoさんだ!」
 早速ご挨拶、ikukoさんとは大山裸地尾根以来3年3ヶ月ぶりとなるご対面、同行のpopoさんとはブログ登場でご存知でもお会いするのは初めて、その後山中でもまたバッタリ、なんとも嬉しい出会いのあった山行でした。
 (画像登場は、ご了解いただいております(^^))

※ikukoさんのブログ「ikuko〜沢風に誘われて〜」、湘南平情報も満載!
※大山裸地尾根での初バッタリはこちら

浅瀬ゲートP7:00〜水ノ木幹線林道〜7:50山神悪沢取水路入口〜吊橋〜7:53三保山荘跡〜巡視路〜悪沢・世附川界尾根〜9:32山神峠〜10:50椿丸11:13〜11:33織戸峠11:40〜上法行歩道〜12:45富士見峠〜12:56富士見峠林道ヘアピンカーブ13:12〜井戸沢右岸尾根〜13:42法行沢林道〜14:00法行橋〜大又沢林道〜15:00浅瀬ゲートP

 5時30分、自宅近くでnenetaさん車両にピックアップして頂き、一般道を走って浅瀬ゲート前のPへ。

▼浅瀬ゲート出発7時00分、浅瀬橋まではご一緒に。
画像


 法行沢を遡行されるikukoさん達は右折して大又沢林道、自分たちは左折して水ノ木幹線林道へ。
 予定ルート交錯する織戸峠辺りで再会できるかな〜、先着した方が、何か印を残していきましょう。

▼浅瀬橋から約10分で左対岸に落差40mはあろうかという夕滝、今日は水量少なく見栄えイマイチ。
画像


 2010年9月の台風でズタズタになった水ノ木幹線林道でしたが、長い年月をかけてようやく復旧工事が完了。

▼芦沢橋手前左岸
画像


▼芦沢橋過ぎた右岸の大崩落2個所もすっかり綺麗に。
画像
画像



【山神悪沢取水路入口〜山神峠】

 ゲートから約50分、山神悪沢取水路入口に到着。
画像

 古い吊橋で左岸に渡り三保山荘跡を見て取水口への巡視路を進んで行きます。

▼古い吊橋。安全確認は、まずは身の軽いnenetaさんから
画像


▼お久しぶりの三保山荘
画像


 植林斜面から尾根の背に乗った巡視路は、標高530m辺りで尾根の背から離れ、悪沢右岸沿いに山神沢出合いの取水口に向かってトラバースして行く。

 山神峠へは、この巡視路を使って取水口まで行き、そこから山神沢沿いに進んでもいいのだが、今日は尾根伝いに行くことに。

▼巡視路(黄線)から離れ、尾根の背を辿って行く。
画像


▼急登約10分、あれ〜?、いつの間にか林道が
画像


 いつ頃出来たのだろうか、まだ新しく見えるが轍が目立たないのであまり利用されてないようだ。尾根の背から付かず離れず暫くは北側を巻き、山神山手前で鞍部を横切ると今度は南に続く。更に山神山に到着するとまた南側から現れ、以後は稜線上に続いて水ノ木雨量観測所への尾根分岐にあるモミの大木前で終わる。

▼山神山(地図読み標高790m)手前の鞍部。尾根の北側を巻いてきた林道はここで南側へと移っていく。
画像


▼山神山山頂付近でまた林道が南側から現れ、今度は稜線上に続いていく。
画像
画像


▼尾根の真ん中に立つモミの大木に通せんぼされて林道終了。ここを左(南)に降れば水ノ木雨量観測所へ。
画像


▼右に曲がった尾根をザザッと降って「山神峠」に到着。M−Kさん・ミックスナッツさんと山神沢側から上がって来て以来の訪問、本当に久しぶりだ。補修された山神社の屋根がまた傾いていた。
画像
画像
(※「山神峠の山神」あれこれこちら、yamanokoさんHP))、興味のある方はどうぞ。

▼峠の西側に続く古道跡。馬印(水ノ木)との重要な交通路だったらしいが、もう辿ることはできないだろう。
画像



【山神峠〜椿丸〜織戸峠〜富士見峠】

 峠を横切り真っ直ぐ北に進む。
 初めは傾斜少ないヤセ尾根、暫くで尾根というより斜面の感となり、傾斜も増して結構きつい登りとなる。左の植林との境には咲き始めた三椏の群生、右は自然林。
画像


 標高845mで左からの尾根と合流して急登終了、合流点には壊れたアンテナがある。右に曲がって穏やかな稜線歩きとなり、いくつかのアップダウンを経て正面に展望開ける尾根分岐(旧称、大五郎分岐)に出ると右に少しで椿丸。

 途中、大きなザックの4人パーティーとすれ違う。菰釣避難小屋からの下山だったらしい。このパーティーには、当日やはりこの辺を徘徊していたutayanさん達も出会ったようだ。

▼壊れたアンテナ、水ノ木集落の名残りだろう。
画像


▼右に曲がった尾根上にあった「フジキ」
画像


▼フジキとミズナラの合体も
画像


▼気持ちの良い穏やかな稜線を歩いて
画像


▼正面に展望開ける尾根分岐(以前、焼酎大五郎の大きなペットボトルのあった分岐)に出ると
画像


▼右に少しで椿丸(標高902m)。昨年9月はっぴーさんと訪問したので半年ぶり。ここへの訪問はすべてコラボです。
画像


▼展望もあって風も避けられる北東斜面に座って暫し休憩
画像


 さて、次はいよいよ織戸峠。法行沢遡行組とどちらが早いかな〜(^^)

 尾根分岐に戻って右折、北に進路を取り稜線の踏み跡を辿る。

▼11時33分、分岐から凡そ800mで古道交差する鞍部「織戸峠」に到着。こちらの方が早かったようです。ここも半年ぶり。
画像


▼沢組もそろそろ到着するでしょうが、お約束の印を残して出発11時40分。
画像


▼やっぱり〜、古道に入って2分、ザレた場所でご対面(^^)
画像


 これからikukoさん達は峠を越して織戸沢下降とのこと、ハナネコ情報など頂いてお別れ、お気をつけて〜。

 自分たちは古道(上法行歩道)を辿って富士見峠を目指します。

▼大部薄くなって、踏み跡程度の所も。
画像


▼法行沢横断、対岸に続く古道へ。
画像


▼ネコちゃん撮影中。トップ画像3枚目の2種でした(ハナネコノメソウとムカゴネコノメソウ)
画像


▼古道跡は植林の中を803mの西側から北に巻いていく。
画像


▼803mの北側では、鹿柵潜りも
画像


▼いくつか枝沢の崩壊箇所を跨ぎながらも順調に進んで行きます。
画像
画像


▼もう少し、あのへっこみが富士見峠だ。
画像


▼大分薄くなった痕跡追って
画像


▼やった〜、峠の少し手前で林道にポン。終わりの部分がいまいち?だったが、一応成功ということで。
画像


▼富士見峠はこのメンバーで先週来たばかり。
画像


 本日予定の世附3峠巡りはこれで終了。

 最後の休憩を富士見峠林道南端のヘアピン好展望地でとって下山。
 井戸沢右岸尾根で法行沢林道に下降、大又沢林道と繋いで浅瀬ゲートに帰る。
画像




織戸峠は

 本日訪問したのは上法行歩道の交差する鞍部でしたが、正しくは富士見歩道の交差する鞍部なのかもしれません。(下図参考)
 
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
AYさん、19日にはお会いできて嬉しかったです♪
そして、私のブログ紹介もありがとうございます。
やはり、3つの峠巡りだったのですね。
織戸峠のおしるしも楽しませてもらいました。
これからの記録を楽しみにしています。
ikuko
2017/03/28 10:29
こちらこそ、一日2度もお会い出来て嬉したったです♪
ikukoさん達は、更に楽しい出会いもあって本当に良かったですね!
「〜沢風に誘われて〜」、いつも楽しみにしてます。
はい、3峠巡り、ご想像のとおりだったです。
記録、取り敢えずアップすると、なんだか後はノンビリしちゃいまして(^^)
AY
2017/03/28 18:56
先日は、皆さまの喜びを私にも分けていただきました。

ikukoさんから、AYさんのブログを教えてもらい、参考にさせていただいております。
ブログを介して、情報だけでなく人と人の交流もできるとは。驚きですね。
また、何処かで、ひょっこりお会いするのを楽しみにしております。
popo
2017/03/29 21:44
popoさん、コメントありがとうございます。
ブログへのご登場では存じあげておりましたが、実際にお目にかかれて嬉しかったです(^^)
ロープ使用×の身の当ブログですので、参考になるような沢情報はありませんが、時々覗いて頂ければ嬉しいです。
また、山中バッタリを楽しみにしております。
AY
2017/03/30 09:53
記録を興味深く拝見しました。
水ノ木雨量観測所、山神峠から水ノ木への古道のこと等。さすがですね。
さらには織戸峠と思っていた、その地形図の位置が変だなと思っていたので、820mの場所の考察はストンと来ました。また近いうちに出かけるので、そこに行ってみることにします。ありがとうございました。
昭和30年代のガイドには、織戸峠は「深い樹林に囲まれた・・」とあり「ベンチが作られて・・」と書いてありましたよ。
ikuko
2017/03/31 23:04
今日の場所に、以前は織戸峠と記された私製表示板がいくつか設置されていて何の疑問も持ってなかったんですが、一つも無くなって(撤去された?)から、おかしいな〜とは思ってたんですよ。
古道を確認していて気が付きました。
>「深い樹林に囲まれた・・」>「ベンチが作られて・・」
私も近々確認に行ってみたいと思います。
ありがとうございました。
AY
2017/04/01 06:51
AYさん、ニアミスでしたね〜!

なるほど、もう少し大栂側ということですね〜。周辺の宿題と絡めてそのうち歩こうと思います。
utayan
2017/04/01 18:04
めっちゃニアミスでしたね!
utayanさん達の足跡を踏んづけてきたようです(^^)

正しくは、と記しましたが良く判りません。
呼び名に拘らなければ、今回の場所の方がよっぽど峠らしい峠なんですよね〜。
AY
2017/04/01 23:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
浅瀬〜山神峠〜椿丸〜織戸峠〜富士見峠 2017年3月19日 AYコーナー山ブログNO2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる