AYコーナー山ブログNO2

アクセスカウンタ

zoom RSS モロクボ沢〜ナメ棚沢〜本棚沢(F4から下流) 2017年6月24日

<<   作成日時 : 2017/06/24 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 0

 東沢支流のカル沢へ入るつもりが、モロクボ沢へコラボ山行というardbegさん達とバッタリして即予定変更、初のカル沢にはちょっとビビりが出ていたので、渡りに船とばかりにモロクボ沢にご一緒させていただきました。

▼モロクボ沢(室窪沢)F1大滝
画像


▼滑棚沢F2
画像


▼西沢本棚沢F4
画像


画像



2017年6月24日(土、晴) カル沢予定変更してモロクボ沢(室窪沢)コラボ山行に急遽参加 【ardbegさん、nenetaさん、oobantouさん、AY】 

oobantouさんとは初顔合わせでした。100km大会にも常連の凄い猛者、本日が沢デビューとのこと。


西丹沢VC8:31〜旧白石キャンプ場〜9:37モロクボ沢(室窪沢)入渓〜10:40越場ノ沢出合(休憩)10:54〜11:04滑棚沢入渓〜11:21二俣(左俣へ)〜11:58蛇ヶ口丸(ランチ)12:32〜12:40?尾根下降開始〜13:29モロクボ沢(滑棚沢出合)〜13:40越場ノ沢入渓〜14:10畦ヶ丸登山道(ベンチ休憩)14:22〜唐棚沢右岸尾根〜14:45本棚沢F4下〜15:21F1(本棚)下〜15:56西丹沢VC(発)16:25


 
【モロクボ沢(室窪沢)】
 
 白石沢青少年キャンプ場の跡地を抜けショチクボ沢出合を過ぎたら入渓、穏やかなゴーロをジャブジャブと300mばかり進むと飛沫を光らせながらF1大滝が目に飛び込んでくる。落差は30m位、流麗な姿は丹沢の名瀑の一つと言っていいだろう。(トップ画像)

▼マイナスイオンをたっぷり浴びたら左手の岩溝を登って大滝の上へ。
画像


▼大滝上には綺麗な釜を従えた小滝が堰堤が現れるまで連続(F2〜F5)、プールもあって暑い日に水と戯れるにはピッタリだ
 コントラストが強すぎて綺麗な写真が撮れてなかったのが残念。
画像
画像
画像
画像
画像


 大滝から堰堤までの短い間がこの沢の核心部、堰堤を越えたら、もうモロクボ沢に滝らしい滝はない。



【滑棚沢】

 再び穏やかなゴーロとなったモロクボ沢を歩いて行く。

 標高840mで右から水晶沢、900mで左から越場ノ沢、更に進んで標高935mで右から出合ってくるのが滑棚沢、出合から覗くと奥にナメ棚が見える。

▼入口から見えたF1ナメ棚(8m)、nenetaさん先頭に快適に越えていく。
画像

 
▼名前のとおり、その上にも快適なナメが続く。
画像
画像


▼裾にナメを持つF2(2段4m)は、oobantouさん先頭で越える。沢デビューとは思えない身のこなしでササッと登ってしまわれた。(トップ画像2枚目も)
画像


 標高990m二俣で今日は左に入る。(右俣はこちら

▼狭い沢となってすぐに水は涸れるが気持良いナメ床歩きが続く。
画像

画像
画像


▼3mの絶った涸棚も、ardbegさん突破を見倣ってガシガシと。
画像


▼最後は急な砂ザレに沢は消え
画像


▼一踏ん張りで甲相国境尾根の蛇ヶ口丸に到着
画像



【下山】

 まずは全員未知の尾根を降ってみましょうで一致、甲相国境尾根を少し西に進んで下降開始。

▼地図を読んだつもりがコンタの見間違いで尾根が続いていなかった。仕方なく間の沢を跨いで尾根を変更。
画像


▼下降地点は狙った場所にピッタリと。(滑棚沢出合)
画像
 

▼次は、越場ノ沢を遡行して善六ノタワ西側鞍部付近へ。
画像
画像


▼畦ヶ丸登山道に出たら、すぐのベンチで休みながら次のルートを相談。
画像


▼西丹沢VCへの最短コースに決定、唐棚沢右岸尾根の下降に入ると熊ハギ跡が。
画像


▼崩壊地の食い込みを見ればルートOK
画像


▼尾根尖端をザザッと降りて本棚沢F3上へ。
画像


 折角なので本棚の滝見物、F4はトップ画像3枚目。

▼F3、巻き道から
画像


▼F2
画像


▼F1(本棚)落ち口
画像
画像


▼右岸巻き道を降りて下から、左本棚、右唐棚
画像


▼西丹沢VC着15時56分、着替えや飲物調達でバス発までは丁度いい時間でした。
画像


▼お疲れさまでした〜🍻、新松田で反省会。
画像


 急な飛び込み参加を快く受け入れてくださった皆さんに感謝です、またよろしくお願いしますね〜(^_^.)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 54
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モロクボ沢〜ナメ棚沢〜本棚沢(F4から下流) 2017年6月24日 AYコーナー山ブログNO2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる