西丹沢/ショチクボノ頭~善六山~モロクボ沢~畦ヶ丸~箒沢権現山 2018年11月14日

2018年11月14日(水、晴)西丹沢VC~焼山沢右岸尾根~ショチクボノ頭~善六山北西尾根~モロクボ沢~清水沢・西ノ沢中間尾根~畦ヶ丸~箒沢権現山(前権現)~西丹沢VC【単独】

西丹沢の紅葉はもう終盤。VC周辺から標高700m辺りまでは見頃の紅葉もあったが標高上がるにつれ冬枯れ、名残りの紅葉がポツリポツリと見られる程度。紅葉見物というより落葉踏みだった。

▼ショチクボノ頭(塩地窪沢ノ頭)付近
画像


▼モロクボ沢(室窪沢)は、標高900mより上流部の穏やかな部分だけを歩く。
画像


▼箒沢権現山(前権現)
画像


▼下ノ権現沢右岸尾根、標高750m辺りの紅葉具合
画像


画像



西丹沢VC[8:35]…[8:50]焼山沢右岸尾根取付き…[10:20 ショチクボノ頭 10:30][11:07 善六山 11:12]…善六山北西尾根…[11:32]モロクボ沢(標高900m越場ノ沢出合)…[11:46]滑棚沢出合…[11:56 標高990m二俣(ランチタイム) 12:25]…[12:45]標高1030m二俣…二俣界尾根(清水沢・西ノ沢中間尾根)…[13:20]登山道…[13:40 畦ヶ丸 13:50]…南東尾根…[14:32]西沢分岐…[14:56 権現山 15:05]…下ノ権現沢右岸尾根…[15:52]西丹沢VC(発)16:25


 新松田7:15発西丹沢行きバスに乗る。今日は一応晴れてはいるが雲が多い、走行中のバスからもう富士山は見えなくなっていた。登山者姿少なく谷峨からの乗客も含めて10人もいない。

 終点西丹沢VC下車 8時35分、駐車場も空いている。

 ルート図を家に残してきたので登山届は無しで出発、河内川に架かる公園橋を渡って畦ヶ丸方面へ。

▼さあ出発、まず目指すのはショチクボノ頭
画像


 登山道を15分程進むと右から焼山沢が出合う。横断した先に「西沢出合0.6km」と記された道標が建ち、その裏から焼山沢右岸尾根に乗る。下降したことは数回あるが登るのは初めてのような気が。

▼いい感じの尾根
画像


 中腹までは、イロハモミジ、オオモミジ、コハウチワカエデ、ウリハダカエデ、ヤマボウシなどの紅葉が見られたが、山頂近づくに従い葉をつけている木が少なくなる、葉を残しているのはモミやシキミ、アセビなどの常緑樹。

▼イロハモミジ
画像


▼オオモミジ
画像


▼コハウチワカエデ
画像


▼ヤマボウシ
画像


▼ゆっくり登って1時間半で「ショチクボノ頭(塩地窪沢ノ頭)1033m)」、昨年春にコラボで訪問して以来。
画像


▼名残の黄葉はオオモミジかな。ブナやミズナラはすっかり葉を落としていた。
画像


▼フルーツタイム休憩後、開けた気持ち良い尾根を西に向かう、足元は落葉の絨毯。
画像


▼西の肩には枝を低く広げたモミノキが。向うに見えるのは畦ヶ丸。
画像


▼降って登り返して平坦なピークの「善六山 1119m」へ
画像


▼善六山北西尾根(越場ノ沢右岸尾根)下降中の光景
画像
画像


▼古いワイヤーを見るともうすぐ下降終了
画像


▼約200mの下降でモロクボ沢(室窪沢)の越場ノ沢出合地点(標高900m)へ。
画像


 沢沿いに紅葉を期待したが、標高的にもう終わりだった。

▼足を濡らさないで上流へ
画像
 
 
▼標高1030mの二俣、右は清水沢、左は西ノ沢と名を変える。今日の第一目的はこの中間尾根を登ること、地図上では良さげだが、果してどうかな?
画像
 

▼取りつきから100mばかり高度を上げると平坦な尾根となる。比較的新しい熊糞が落ちていた。
画像


▼すんなりモロクボ沢ノ頭~畦ヶ丸間の登山道、石杭NO192~193間に合流。楽な尾根だったがまた歩いてみたいと思うような尾根でも無かった。
画像


▼誰もいない畦ヶ丸
画像


 日が短いので今日はここまで。
 
 13時50分下山開始、南東の吊尾根を進み、箒沢権現山(前権現)経由で西丹沢VCに戻る。

▼吊尾根途中、冬枯れの中に目立ったのはコミネカエデの赤
画像


▼西沢分岐に14時32分、権現山への急登は一歩一歩ゆっくりと。
画像


▼権現山で最後の休憩
画像


 あとは降るだけ。
 15時05分山頂を後にして東に進み、下ノ権現沢の源頭を目にしたら右岸を下降、赤帽黒杭を追って標高780mで小西沢左岸尾根に右折、下部植林地に入るとホヤホヤ仕事道が出来ていた。有難く利用させてもらい最後はジャスト西丹沢公園橋へ。

▼下降中光景
画像
画像


▼ホヤホヤ仕事道はY山林業さんの作。
画像


▼ハイお疲れさん、西丹沢VC戻り15時52分。誰一人にも会わない静かな山行でした。
画像

この記事へのトラックバック