水晶平再訪(寄~ユーシンロッジ~水晶平~金山谷乗越~仲ノ沢経路~玄倉)2018年12月20日

2018年12月20日(木、晴)寄大橋~雨山峠~ユーシンロッジ~朝日向尾根水晶平~ユーシン沢~金山谷乗越~金山谷乗越沢~経角沢~中ノ沢乗越~中ノ沢(小川谷上流部)~欅平~仲ノ沢経路~仲ノ沢林道~玄倉【単独】

水晶平の植生保護柵に閉じ込められてしまっていた鹿がその後どうなったか、安否確認に行ってきました。

結果、破れ目から全頭無事に脱出した模様、柵内に鹿の姿はありませんでした



▼水晶平
画像


▼一周グルリと廻って確認、ここから出入りした模様(ブナ倒木により破損)
画像


▼大ガレの中ノ沢下降は膝に来る
画像


▼仲ノ沢経路、あと3分で林道に到着という辺り、架かっていた木橋が無くなっていて通行注意。(振り返って撮影)
画像

※以前はこんな感じ↓で木橋が架かってました(2018/4/3山行時)
画像


▼そだねー
画像


▼バス停前からシルエット富士
画像


画像


渋沢駅=🚖=[5:52]寄大橋…[8:02雨山峠8:10]…[8:33]玄倉林道…[8:50ユーシンロッジ9:00]…[10:28]小虎杖ノ頭…[10:40水晶平11:00]…[11:07]ユーシン沢…[12:15金山谷乗越(ランチ)12:30]…金山谷乗越沢…[12:53]経角沢出合…[13:30中ノ沢乗越13:35]…[14:15]長ザレ沢出合…[14:29欅平上樵ベンチ14:35]…仲ノ沢経路…[15:05]経路終了…[15:10]西丹沢県民の森(穴ノ平橋)…仲ノ沢林道…[15:37]立間大橋…玄倉林道…[16:05]玄倉バス停(発)16:06


 始発電車で渋沢駅へ行ったら🚖利用で寄大橋へ。

 寄大橋到着5時52分、まだ真っ暗だが橋手前に既にマイカー一台、持ち主は先発したようだ。
 ヘッデン点けて出発、ブラブラ歩いて20分程で登山口(水源林林道終点)へ、ここには公用車が一台、「野生動物調査中」のワッペンが車体に貼られていた、夜間調査なのかも。

▼2時間オーバーのノンビリ歩きで雨山峠に到着8時02分、富士山が見えたのでパチリ。
画像
画像


▼雨山沢沿い登山道、🐻鉢合わせは厭なので見通しの効かない所は声を出しながら進む。
画像


▼玄倉林道崩壊箇所、残った部分の下は空洞、渡るとフワフワと揺れるのが気持ち悪い。
画像


▼ユーシンロッジに8時50分
画像


▼緊急避難部屋は綺麗に利用されていた。ノートを見たら直近は18~19日の泊
画像


▼朝日向尾根、取り付きから暫くは整備された明るい檜植林地を登ってゆく。
画像


▼林野庁の境界見出標があるので、この辺は国有林のようだ。
画像


▼小虎杖ノ頭から望む臼ヶ岳、右は蛭ヶ岳
画像


▼ブナ古木
画像


▼ユーシンロッジから1時間40分でようやく水晶平に。
画像
画像


▼植生保護柵を破っていたブナ、今年の台風で倒れたようだ。
画像


▼無事を確認したら西に降りてユーシン沢へ11時07分
画像


▼沢歩きというより河原歩きという感じの遡行で金山谷乗越すぐ脇の登山道へ12時15分
画像


▼この道標から金山谷乗越沢へ下降12時30分
画像


▼すぐに若い鹿の新しい死骸が、内臓は食べ尽くされていた。周りには鳥の大きな白い糞が点々と。
画像


▼ついでに今日見かけたほかの食痕も。
画像
画像


▼経角沢出合に12時53分(振り返って撮影、右が降りてきた金山谷乗越沢、左がこれから進む経角沢)
画像


▼仲ノ沢乗越に13時30分、金山谷乗越から丁度1時間だった。
画像


▼中ノ沢(小川谷上流部、テシロ沢とも)、通過のたびに様子が変わるが迫力は相変わらず。
画像
画像


▼無事中ノ沢下降が終わって欅平上の樵ベンチで本日最後の休憩14時29分~35分
画像


▼仲ノ沢経路。小川谷の時季が終わると利用者減少、廊下状は道幅が狭くなる。
画像


▼15時05分、経路終了してあとは林道歩き。予定のバスまで残り1時間。
画像


▼今日も無事にありがとうございます。
画像


▼通行解除となった仲ノ沢林道(左)は県民の森まで綺麗に片づけられていた。玄倉林道(右)は相変わらず人も車も通行止め。(振り返って撮影)
画像


▼ユーシンブルーの代わりは玄倉ブルーで(^.^)
画像


▼ハイ今日もお疲れさん、16時05分玄倉到着、予定のバスも丁度やってきました。
画像

この記事へのトラックバック