西丹沢/ヤビキ沢 西丹沢VCから周回 2019年8月18日

2019年8月18日(日、曇~雨~曇)ナメと涸棚を楽しみにヤビキ沢へ【単独】

新松田駅[7:20]=🚌=[8:35]西丹沢VC~[9:23]ゴーラ沢出合~[9:47ヤビキ沢出合(ゴーラ沢F1見物&休憩)10:07]~[10:47]ヤビキ沢F1下~[11:20]湧水帯(涸棚始まり)~[12:48]登山道~[13:00テシロノ頭ベンチ休憩13:15]~[13:34]石棚山~[14:15]板小屋沢ノ頭~祠尾根~[15:15]西丹沢VC(発)15:40

▼台風10号の大雨によって磨かれたヤビキ沢のナメと涸棚1.jpg7.jpg
6.jpg

 新松田7:20発西丹沢行きバスに乗って終点下車、お客さんは20人位だった。
 VC職員の「先日の雨量は400mm、沢は最高でしょうね!」の声に送られ出発、今日はナメと涸棚のヤビキ沢だ。
 東沢に架かる橋を渡ったらすぐ右折、東沢コースから登山道に出てゴーラ沢出合へ。

▼ゴーラ沢出合、ジャブジャブと渡って登山靴の皆さんに先行。IMG_3177.JPG

▼出合上の慰霊碑IMG_3180.JPG

▼新道を少し登り右に見える踏み跡追ってゴーラ沢へ。いつもより水量がある。IMG_3184.JPG

 ゴーラ沢に入って10分少々で右からヤビキ沢の出合う二俣、進むのは右だがその前に本流ゴーラ沢のF1見物へ。

▼ゴーラ沢F1門番の滝、今日は5m程だったが下の砂礫の状況で高さがコロコロと変わる。一番低い時で3m位の時があった、砂礫流され釜が現れるようだと6m以上となる。2.jpg

 戻ってヤビキ沢のナメ歩き開始。

▼最初は30m位続くナメ、まるでヌメリが無く気持ちいい!IMG_3209.JPG

▼振り返ってパチリIMG_3213.JPG

▼ゴーロを挟んでIMG_3214.JPG

▼ハイライトのナメ~、距離にして80m位。IMG_3224.JPGIMG_3230.JPG

▼こちらも振り返ってパチリIMG_3248.JPG

 標高990mで変形三俣、右2本は水流無いガレ沢、左俣入口には滝がかかる、F1だ。

▼ヤビキ沢F1(2段7m+3m)3.jpg

▼左から巻いてF1に続く小滝上に降りた。右の中間尾根からも巻けるようだ。IMG_3274.JPG

▼次の滝は8m位だったが埋まって5m位になっていた。右の細い水流を登った。IMG_3277.JPG

▼4mの緩い滝を挟んで水流ある最後の滝(3m)となる。左から巻いた。IMG_3278.JPG

▼その上の湧水帯IMG_3282.JPG

▼突然のように水流消え、涸棚が始まる。IMG_3288.JPG

 すぐの標高1100m二俣は左(右は3年前に)、次の1190mは右(左は2年前に)に進んで以降は初ルートとなる。IMG_3296.JPGIMG_3298.JPG
IMG_3306.JPG

▼どこまでも沢状(溝状)に拘ってみたら最後はズルズル泥斜面となった。木の根を掴んで脱出IMG_3318.JPG

▼この標識の10m位檜洞丸寄りで登山道に出てヤビキ沢終了IMG_3328.JPG

▼テシロノ頭ベンチに移動して休憩IMG_3339.JPG

▼1本折れてしまった石棚山稜のカツラ古木5.jpg

▼その近くにある「サワグルミ」、先日探訪した「赤沢の大カツラ」よりは太そうだが樹種が違う。IMG_3345.JPG

▼さらにその先には新しい倒木があって登山道が塞がれていた。(前回(6/25)通過した時には無かった。)IMG_3348.JPG

▼折れたのでは無く根っ子ごと倒れてしまったのだ。土の新しさなどからすると今回の台風でかな、ブナだったような。IMG_3349.JPG

▼毎度アップの変形ブナIMG_3353.JPG

 この後、ヤブ沢ノ頭辺りで雨となって以後の予定変更、ブナノ平経由で湯ノ沢の黒棚見物でもして帰ろうと思っていたが止め、もう真っすぐ西丹沢VCに下山することにした。

▼雨となったらすぐにゲコが12.jpg

▼1210m分岐、南進中止。IMG_3359.JPG

▼板小屋沢ノ頭。雨が激しくなってきた。IMG_3362.JPG

 祠尾根下降に入ると更にバケツをひっくり返したような大雨、数分で弱まったが足元は水分たっぷりズルズルに、掴む木も滑って慎重に下降。

▼苔地帯無事通過、パチリする余裕が出てきたらもう大丈夫。IMG_3370.JPG

▼標高860m分岐点、状況によっては直進も考えたがやっぱり左折。IMG_3375.JPG

▼もうすぐ下降終了、雨も止んだ。IMG_3377.JPG

▼ハイお疲れさん、救助要請があったようだが無事だった模様。IMG_3379.JPG

 VC前の河原に降りてゴシゴシ、戻って更衣室を借用、全身着替えて綺麗さっぱりとなってバスに乗る。


歩数等
歩数:24,677歩(山行分は20,062歩)
距離:16.6km (山行分は13.5km)
ヒヤリハット:雨の降り初めに雨具の上だけ着用の判断ミス、どしゃ降りとなって下を穿く余裕もなく下半身ずぶ濡れとなってしまった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年08月20日 20:03
涼しそうで羨ましいです。
カツラの古木が折れたと!
お見舞いに行くかねぇ~
AY
2019年08月21日 19:46
集中猫さん コメありがとうございます。
はい、涼しかったですが後が・・( ;∀;)
カツラの古木、是非お見舞いに~

汗だく三ノ塔、お疲れさまでした(^^)