西丹沢/檜洞丸~石棚山稜~大杉山北山稜~湯ノ沢 2019年9月16日

2019年9月16日(月・敬老の日、雨のち晴)ツツジ新道~檜洞丸~石棚山稜~大杉山北山稜(ブナノ平まで)~炭焼釜跡コース~湯ノ沢【単独】

 檜洞丸以降はユーシン歩道或いは朝日向尾根(臼ヶ岳南尾根)経由で寄に出るつもりだったが、ツツジ新道の登りに時間がかかって檜洞丸到着が想定より1時間遅れ。特に体調不良とか暑さのせい(合羽を着て丁度いい位の涼しさだった)とか遅れる程花がいっぱいだったとかでは無く、ただ単に疲れるのが厭でゆっくり登っただけ。
 日も短くなったため以降の予定を変更、石棚山稜から大杉山山稜に入りブナノ平で時間となって湯ノ沢に下山。
 
▼檜洞丸木道IMG_4652.JPG

🌸「タンザワヒゴタイ」1.jpg

2.jpg

西丹沢VC[8:30]~[9:30]ゴーラ沢出合~[12:34檜洞丸13:00]~石棚山稜~[14:05]玄倉分岐~[14:30]1210mP(大杉山山稜分岐)~[15:17]穴ノ平沢ノ頭~[15:24]箒沢乗越~[15:47]弥七沢ノ頭~[16:00]ブナノ平~炭焼釜跡コース~[16:37]湯ノ沢下流堰堤~[16:58]丹沢ホテル時之栖入口バス停(発)17:20


 出掛けは雨、合羽着用で家を出たが予報では時間とともに降雨確率ダウン、こういう日の稜線では感動的な眺めに出会うこともあるのでちょっぴり期待も。
 新松田も雨、構内ベンチに留まり西丹沢行き7時20分始発バスの到着を待って改札を出る。三連休最終日にも関わらずバスはガラガラ、ハイカー姿は他に男性一人、終点西丹沢VC下車はこの方と自分の二人だけだった。

▼雨具上下着用でVC出発8時30分、稜線到着頃には止むだろう。IMG_4564.JPG

▼さすが三連休、雨でもキャンパーはいっぱいだった。IMG_4565.JPG

▼ゴーラ沢出合に9時30分、ジャボジャボで渡る。IMG_4579.JPG

 東沢林道からのボッカ道と合流10時30分、雨はほとんど小止みとなり一旦合羽を脱いで薄手のウインドブレーカーに替えたが、樹下は落ちてくる水滴多くやっぱり合羽を再着用、適度に風があって合羽でも特に暑さは感じなかった。

▼随分ゆっくり登って最上部の展望ベンチ(標高1410m辺り)に11時50分、標準のコースタイムでは既に檜洞丸山頂に到着している時間。IMG_4630.JPG

🌸ベンチ前後に目立ったのは「タンザワヒゴタイ」と「フクオウソウ」、風でブレてなかなか上手く撮れなかった。3.jpg4.jpg

🌸「ハンカイシオガマ」8.jpg

🌸この時季は「アキノギンリョウソウ(ギンリョウソウモドキ)」かなIMG_4599.JPG

▼石棚山稜分岐付近で紅葉していたのは「五葉ツツジ(シロヤシオ)」IMG_4650.JPG

🌸「シロヨメナ」(別名ヤマシロギク)はいっぱいあったが、あり過ぎてパチリしたのはこれだけだった。6.jpg

🌸「ノコンギク」は植生保護柵の内側だけにあった。5.jpg

▼檜洞丸名物「シナノキ」IMG_4653.JPG

🌸山頂とその周辺には「ヤマトリカブト」7.jpg

▼檜洞丸山頂到着12時34分は想定より1時間遅れ。過去を調べてみたが始発バスでツツジ新道利用の場合にはやはり11時30分~40分頃に到着していた。IMG_4660.JPG

 山頂でランチ中に本日唯一のハイカーと出会う、蛭ヶ岳山荘泊でこれからツツジ新道下山とのこと、ゴーラ沢を心配していたので「ジャボジャボで渡れますよ」と言ったら履き替えは持ちあわせてないとのこと、随分お疲れの様子だった。

 予定コースを変更して下山開始13時丁度。石棚山稜に向かう。

▼石棚山稜に入ったら日が差してきた。IMG_4672.JPG

▼こちらでも「五葉ツツジ」が紅葉開始IMG_4676.JPG

▼石棚山近くに今回の台風でと思われる新しい倒木(ブナ)があった。IMG_4693.JPG

▼ヤブ沢ノ頭西側好展望地から、ぐんぐん雲がとれてきてもう少し待てば絶景が拡がりそうだったが・・IMG_4709.JPG

▼14時30分、標高1210mからロープを跨いで大杉山山稜へ南進開始IMG_4711.JPG

▼樹間に富士が見えてきたのは箒沢乗越少し手前で。回復がちょっと遅すぎ。IMG_4723.JPG

▼箒沢乗越通過15時24分IMG_4728.JPG

🌸「イワシャジン」IMG_4718.JPG

▼この秋、久しぶりに集いが予定されている場所の西側好展望地からパチリIMG_4740.JPG

▼第3回ニカニカ集会開催場所のブナノ平(当時はここも弥七沢ノ頭と呼んでいた)、集会の様子は➡こちら(M-Kさんの「俺の山紀行」)、もう10年か、懐かしいなあ(^-^)IMG_4744.JPG

 ブナノ平で丁度16時となり大杉山山稜南進はここまで。

▼下山は今回も一番早そうな炭焼釜跡コースで。画像は3番目の釜跡。IMG_4751.JPG

▼途中にNOの書かれたブルーシートが。ヘリから植生保護柵か何かの具材でも降ろすのかな。IMG_4754.JPG

▼時々見かける鹿島家9.jpg

▼16時37分、湯ノ沢下流堰堤に降りつく。やっぱりこのコースは早いし楽だ。IMG_4757.JPG

▼ハイお疲れさん、バス停2つ先まで行って全身サッパリ、喫茶一茶で飲料仕入れてバス客となりました。IMG_4765.JPG

最後に白玉子に赤玉子、その他🍄いくつか

🍄白玉子は「ドクツルタケ」、殺しの天使とか
10.jpg

🍄赤玉子はとっても美味しい「タマゴタケ(幼菌)」
11.jpg

以下、シュガーさんから名前をご教示いただきました。いずれも食用には適さないそうです。
🍄「クチベニタケ」12.jpg

🍄「フジウスタケ」13.jpg

🍄「スギタケモドキ」14.jpg

歩数等
歩数:37,233歩(山行分は32.980歩)
距離:24.6km(山行分は21.8km)
ヒヤリハット:下山中、植林地内仕事道で落枝を足の間に挟んで危うく転倒。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2019年09月16日 23:57
 ナイス 
気持ち玉代わりです
コメ返はお気になさらないでくださいね。
AY
2019年09月17日 23:56
ろこさん
気持ち玉代わりコメ、ありがとうございます(^^)
2019年09月18日 08:04
おはようございます。
あいにくの天気の様ですが、楽しまれたようで何よりです!
トリカブト綺麗ですね、タンザワヒゴタイ出合いたいですね・・・塔ノ岳北面にもあったのですが、昨年から見かけなくなりました・・・10年以上出合ってきたのに、塔ノ岳北面のハンカイシオガマは終わりました・・昨日確認、今年は出来が悪かった。
大倉尾根のトリカブトは鹿に食べられて今のところ花がありませんでし、残念。
AY
2019年09月19日 21:43
MORINOBUNAさん こんばんは。

はい、あいにくの天気だったですが、おかげで静かな歩きができました(^^)
トリカブトは山頂とその周辺に、タンザワヒゴタイはツツジ新道上部にいっぱい咲いてました。
ハンカイシオガマは2ヶ所にぽつぽつと、実はもっと足をのばしてトモエシオガマもパチリしたかったんですが、亀足でダメだったです"(-""-)"

これからは紅葉が楽しみですが、今年はどうでしょうね・・・
シュガー
2019年10月17日 21:29
ご無沙汰しています。今年は町内会長をやらされ、休みがつぶれ行かれずじまい。そうこうしていたら体に異変。右の盲腸の辺りが膨らみ病院に行くと鼠径ヘルニアと言われ3泊4日で手術。どうも前立腺癌の全摘で筋肉を傷つけるので尿漏れになったり、ヘルニアになる確率が高いそう。術後1ヶ月は登山禁止で来週には解禁。あまり負荷を掛けると再発したり、左側に出たりするので、ノンビリきのこ中心で。ポリスさんも怪我が多くなり、ハードは卒業、二人でノンビリやる予定。
ところで、きのこ赤白卵の後は、クチベニタケ、フジウスタケ、スギタケモドキ。日影山のノッポきのこはカラカサタケ。いずれも毒きのこです。
お互い体に爆弾抱えておりマイペースで行きましょう。
AY
2019年10月24日 15:19
シュガーさん、ご無沙汰しております。
お返事大変遅れて申し訳ありません( 一一)

お体、色々あって大変だったですね!
お互い、もう若くはないので大事にしましょうね。

きのこの名前ありがとうございます。

先日小富士周辺へきのこ狩りに行ってきましたが、シュガーさんが一緒なら良かったのにね~、と話題になってましたよ。

きのこ探しながらのノンビリハイク、ご一緒したいで~す。