東丹沢/新春蛭ヶ岳山行(寄~蛭ヶ岳南南東尾根~渋沢駅)2021年1月4日

2021年1月4日(月、晴)新春蛭ヶ岳山行 寄大橋~鍋割峠~熊木沢~蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳~三廻部~渋沢駅【単独】

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 おととし7年ぶりに復活した新春蛭ヶ岳南南東尾根山行、途切れてしまわないように今年も行ってきました(7度目)。

▼今日の1枚
IMG_1497.JPG

001.jpg

渋沢駅=🚖=[6:10]寄大橋~[8:13鍋割峠8:20]~オガラ沢尾根コース~[9:03]玄倉林道オガラ沢出合~[9:14]熊木沢出合~[10:24]東沢・西沢出合~[10:41南南東尾根取付き点(15号堰堤上)10:50]~[12:08標高1510m平坦地でランチタイム12:30]~[13:06蛭ヶ岳13:14]~[13:33]鬼ヶ岩~[13:47]棚沢ノ頭~[13:56]不動ノ峰~[14:32]丹沢山~[14:46]竜ヶ馬場~[14:56]日高~[15:18塔ノ岳15:23]~[15:38]花立山荘~[15:55]堀山の家~[16:04]大倉尾根標高930m一ノ沢右岸尾根下降点~[16:27]尾関廣氏銅像~[16:29]勘七橋~[16:37]表丹沢県民の森駐車場前~[17:03]みくるべ病院前~[18:10]渋沢駅

 始発電車に乗り遅れ2番目の便で渋沢駅へ、トップで改札を抜け待機中1台のみの駅前🚖を拾って寄大橋へ、着6時10分。


【寄大橋から熊木沢出合まで】
 一昨年は鍋割山経由、昨年は雨山峠越えだったので今年は鍋割峠越えで熊木沢出合に向かうことにした。鍋割山経由だと30分位余分にかかるが、雨山峠越えと鍋割峠越えでは大差ない。

▼途中にある遭難慰霊碑には手をあわせ冥福を祈りながら進む。
上は寄沢イイハシノ大滝で遭難された都立江東商業高等学校 荻野明先生と小林信子さん(生徒)の慰霊碑。
下は遭難に至った経緯は不明だが寄越場沢源頭上の草原にある仲沢君の碑。
IMG_1373.JPG
IMG_1385.JPG

▼鍋割峠には艶っぽい馬頭観音像が建つ。
IMG_1388.JPG

 峠先の崩壊地をロープ不要コースで対岸に渡ったらオガラ沢尾根コースを下降。

▼尾根コースからは樹間に富士山が見えた。
IMG_1394.JPG

▼オガラ沢出合~熊木沢出合間の玄倉林道(資材運搬路)、荒れた状態は変わらないが通行者の痕が出来て、見た目よりもスムーズに通行できるようになってきた。
IMG_1403.JPG

▼ピーッと鳴いたのは今年の初鹿さん、親子かな。
IMG_1404.JPG


【熊木沢出合~蛭ヶ岳南南東尾根取付き点】
 出合の脚立のある橋を渡って熊木沢に入る。名前は沢だが広大な河原、最近の雨無しで下流は伏流となっていた。

 最初の高い堰堤は右(左岸)の工事用道路跡で、次の埋まりかけた堰堤は立て掛けてある流木で越える。その上で左(右岸)に工事用道路跡が現れてくるが崩壊や藪っぽくなった所もあるので、出来る限り河原の中を進んでから道路跡へ出ることにした。東沢出合に近づき高い堰堤に塞がれてから右岸道路跡に乗ったらすぐに出合となった。

 出合を右の東沢に入り2連堰堤(14号)と次の堰堤(15号)を右から越えると対岸に目的の南南東尾根の尖端が現れる。


▼熊木沢出合の橋、脚立は森林巡視の為に置かれているものである。
IMG_1406.JPG

▼出合すぐからの蛭ヶ岳
IMG_1410.JPG

▼2番目の埋まりかけた堰堤
IMG_1429.JPG

▼蛭ヶ岳が近づいてきた。
IMG_1440.JPG

▼東沢の2連堰堤
IMG_1449.JPG

▼次の堰堤の銘板
IMG_1451.JPG

▼昨年もあった南南東尾根取付き点のヘルメット、東京神奈川森林管理署と読み取れたので仕事で入って忘れてしまったようだ。
IMG_1452.JPG


【蛭ヶ岳南南東尾根~蛭ヶ岳】
 山頂まで標高差600m、取付きのワイヤーと山頂の鹿柵を除けばテープも杭も植林も一切ない自然度100%の気持ち良い尾根、全体的に急傾斜だが途中いくつか平坦地があって一息もつける。最後に茨チクチク地帯の通過があるのが難。

▼ワイヤーのある尾根尖端
IMG_1457.JPG

▼光景数枚、好天に恵まれて何とも気持ち良い。
IMG_1460.JPG
IMG_1476.JPG
IMG_1501.JPG
IMG_1505.JPG
IMG_1506.JPG
IMG_1507.JPG
IMG_1520.JPG

▼蛭ヶ岳山頂到着13:06
IMG_1526.JPG
IMG_1535.JPG

▼斜めっている三等三角点1672.65m(現在成果使用無しとのこと)
IMG_1532.JPG
 
【蛭ヶ岳~塔ノ岳】
 好天の中、主脈を塔ノ岳まで辿る。
 途中不動ノ峰付近ですれ違った方に名を呼ばれビックリ、お見かけしたことがあるような無いような、お話の中にM-Kさんも出てこられニカニカ、これから蛭ヶ岳山荘泊という山大ベテランのKさん・Sさんコンビでした。お声を掛けてくださりありがとうございました。


▼見上げる鬼ヶ岩
IMG_1544.JPG

▼いつものアングルでもう一枚
IMG_1545.JPG

▼鬼ヶ岩ノ頭付近に建てられた登山道整備や植生保護柵設置のための現場事務所兼宿泊プレハブ小屋。もう一か所、不動ノ峰の草原にも同じようなのが建てられていた。
IMG_1548.JPG

▼お声を掛けてくださったKさん・Sさん。
002.jpg

▼丹沢山への登りっ返しはゆっくりと。
IMG_1566.JPG

▼やれやれと丹沢山通過14:32
IMG_1569.JPG

▼塔ノ岳で本日最後の一休み15:18~15:23
IMG_1574.JPG

【下山】
 寄バス停に出るつもりで最短と思われるコース(大倉尾根930m地点で右折、一ノ沢右岸尾根で尾関廣氏銅像前へ、以後三廻部林道、登山道と辿るコース)を辿ってみたが三廻部林道への入口で既に16:40、このまま向かうと最後の土佐原への山道は日没過ぎ間違い無しとなり予定変更、距離は伸びるが安全優先、すべて車道歩きで渋沢駅に向かうことにした。

▼堀山の家少し上から本日最後の🗻パチリ
IMG_1583.JPG

▼一ノ沢右岸尾根上部はつい最近間伐された模様
IMG_1589.JPG

▼尾関廣氏銅像広場に降りたらそのまま突っ切って勘七橋へ
IMG_1597.JPG

▼表丹沢県民の森駐車場前通過16:37、この時間に停まっているのは小屋止まりかな。
IMG_1600.JPG

▼寄バス停は断念して約1時間半の車道歩きで渋沢駅へ、正月早々お疲れさん。
IMG_1612.JPG


35.4km(山行分は32.0km、渋沢駅までの車道歩き含んで)
53,925歩( 〃 48,790歩)
ヒヤリハット:特に無し

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 237

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

かめ
2021年01月06日 14:36
新年おめでとございます。
棚沢ノ頭付近にて、初めて挨拶させてもらいました。丹沢山塊を隈なくあるくA.Yさんにお会いできてうれしかったです。
これからも山ブログを読ませてもらい、楽しませてもらいます。
本年もよろしくお願い致します。
AY
2021年01月07日 11:15
かめさん
コメントありがとうございます。
かめさんは蛭ヶ岳山荘の常連さんでしょうか?泊山行を楽しまれ、無事お戻りになられたようでなによりです。

先日はお声を掛けていただきありがとうございました。拙ブログも見てくださってる由、嬉しかったです。

また丹沢のどこかでお会いできればと思っております。
これからもよろしくお願い致します。
2021年01月07日 23:02
今晩は!
新年明けましておめでとうございます。
いつも、拙いブログに気持玉を有難うございます。
いや~あっ、コメント欄が空いているじゃないですか。
いつも興味深く拝見させていただいております。
それにしても、正月早々に35km、53,925歩とは恐れいります。
AY
2021年01月08日 10:12
山ちゃんさん
あけましておめでとうございます。
拙いブログに訪問&コメントまでいただきありがとうございます。

山ちゃんさんの精力的な山行記、いつも楽しませていただいております、花の季節が待ちどうしいですね!

正月早々の35kmは、長い車道歩きも入ってのものですが、まあ、歩くこと自体が楽しいもんですから(^-^)
かめ
2021年01月08日 19:11
すごい、やっぱり新年早々ロングコースを歩きましたね^^ 私たちが山荘泊で2日間でコースを日帰りですものね。いつもながら驚きと感心です。
初めて話をさせてもらい、快く対応していただきましたこと、嬉しい新年早々の山行となりました。この日の蛭ケ岳山荘から見た夕闇のい富士山は素晴らしい影絵シルエットでした。
また、丹沢のどこかでひょっこりお会いできることを期待しています。
AY
2021年01月08日 20:13
かめさん こんばんは。

 夕闇に浮かぶ素晴らしいシルエット富士、泊山行ではの眺めなんでしょうね!訳あって泊山行✖の身としては羨ましい限りです。
 
 結果的にロングとなってしまいましたが、車道歩きを含んでのものですので・・・。
  
 はい、こちらこそまた丹沢のどこかでお会いできることを願っております。

 重ねてになりますが、お声を掛けてくださり嬉しかったです、ありがとうございました。