東丹沢/菜の花台~菩提峠~二ノ塔~塔ノ岳~大金沢~箒杉沢~オガラ沢~中ッ峠~寄 2021年4月6日

2021年4月6日(火、晴)菩提原バス停~菜の花台経由表尾根(二ノ塔~塔ノ岳)~尊仏岩跡~大金沢~箒杉沢~オガラ沢~中ッ峠~茅ノ木棚山稜横断~寄ユーシン線登山道~寄バス停【単独】


 クマガイソウ、コチョウショウジョウバカマ、コイワザクラなどをはじめ、多くの季節の花に迎えられ、また、季節外れの霧氷も見られるなどラッキーな山行となりました。


🌸「クマガイソウ」、新たな小群生地で撮影。年々増えているように感じるのは鹿の管理捕獲も関係しているのかな。
IMG_0061.JPG


🌸「コチョウショウジョウバカマ」、こちらも新たな生育地を発見。
IMG_0199.JPG 


🌸「コイワザクラ」は、いつもの場所で。
IMG_0192.JPG


▼塔ノ岳周辺の霧氷
IMG_0248.JPG


▼尊仏岩跡訪問
IMG_0268.JPG


▼大金沢F1
IMG_0310.JPG


▼箒杉沢出合
IMG_0332.JPG

001.jpg

秦野駅5:40=🚌=[5:53]菩提原バス停~[7:44]新秦野線51号鉄塔~[7:54菜の花台展望塔8:00]~県道70号線~[8:28]表丹沢林道入口~表丹沢林道~[9:28]菩提峠~[10:18]日本武尊足跡~[10:40]二ノ塔~[10:55]三ノ塔~[11:15]鳥尾山~[11:34]行者ヶ岳~[11:52]政次郎ノ頭~[12:02]書策小屋跡~[12:15新大日(ランチタイム)12:30]~[12:42]木ノ又小屋~[13:16塔ノ岳13:20]~[13:30]尊仏岩跡~[13:53]大金沢下降開始(標高1210m)~[14:44]竜ヶ馬場沢出合(標高970m)~[14:56]箒杉沢合流~[15:18]玄倉林道(資材運搬路)~[15:27]オガラ沢出合~オガラ沢~[16:12]中ッ峠~[16:20]鉄砲沢二俣~[16:52]鍋割歩道1000m鞍部~[17:02]茅ノ木棚山稜横断~未踏尾根~[17:30]寄ユーシン線登山道(雨山峠から0.3km地点)~[18:23]登山口~[18:36]寄大橋~[19:00]寄バス停(発)19:15

 秦野駅北口から渋沢駅北口行き5:40始発バスに乗る。早朝通勤者らしき数人が工業団地で降りてしまうと自分一人となって菩提原バス停下車。空となったバスを見送ったら衣服調整して出発5:53.

【菜の花台まで】
 葛葉川沿いに舗装道を北上し、完成近づく第2東名の橋脚を潜ったら少し先の向山橋を渡って工事現場の脇から林道に入る。

 シャガ、オドリコソウ、ヤマルリソウ、イカリソウ、タチツボスミレ、エイザンスミレ、トウゴクサバノオ、ニリンソウなどを写真に収めながら進んで行くと700m程先に右に分岐する真新しい簡易林道が目に入る。
 伐倒木の状況などからまだ作業中の現場のように見えたが、作業開始前には通過できると踏んで右折、ジグザグジグザグ行ったり来たり、距離は延びるが標高は中々上がらない。ようやく稜線が近づくとブルが止まっていて開かれていたのはそこまでだった。

 斜面一登りすると当初予定していた経路に合流、尾根道となって新秦野線51号鉄塔下を通過、鹿柵扉を2回開け閉めして菜の花台に出る。

 この辺はヒルの巣窟、昨日の雨で覚悟はしてきたが、気温が低かったせいか今日は一匹も現れなかった。

▼バスを降りてすぐの🗻、菜の花台からの展望が楽しみだったのだが・・・
IMG_0005.JPG

▼第2東名工事現場の横から林道に入る。
IMG_0018.JPG

🌸「イカリソウ」
IMG_0024.JPG

🌸「ニリンソウ」
IMG_0038.JPG

▼工事関係者が来る前に新設簡易林道を辿り終えた。もう稜線へはほんの一登り、距離は延びたが楽をさせてもらった。
IMG_0070.JPG

▼菜の花台までバス停から丁度2時間だった。
IMG_0082.JPG

▼展望台からの🗻を楽しみにしてきたのに、残念ながら雲の隙間にチラリとしか。
IMG_0085.JPG

 菜の花台にはバードウォッチャーが大勢集結、尋ねると鷹の渡りを狙っているとのことだった。

【菜の花台~菩提峠】
 県道70号線を30分程北上して表丹沢林道に入り西に進む。
 予定は岳ノ台西の肩の南尾根に新設された簡易林道を辿り、岳ノ台登山道に出て菩提峠に向かうつもりだったが、新設林道入口には既に工事関係者がいたため中止、表丹沢林道をそのまま辿って菩提峠へ。

▼辿ろうと思っていた岳ノ台西の肩に向かう新設林道(左に斜上する道、振り返って撮影)
IMG_0112.JPG

▼菩提峠に9:28到着、林道グニャグニャもあってバス停からの歩行距離9.5km、いつもの🐌ペースで3時間35分もかかてしまった。
IMG_0125.JPG

【菩提峠~二ノ塔~表尾根~塔ノ岳】
 日本武尊足跡に寄りながら二ノ塔に出て、あとは表尾根登山道を塔ノ岳までノンビリと歩く。塔周辺には霧氷、ほんの少しだが霰も舞った。

▼日本武尊足跡に自分の足を入れてみたらピッタリ(^^)
IMG_0145.JPG

▼三ノ塔からいつものアングル。塔ノ岳~丹沢山方面はガスがとれて白くなっていた!冷たい北風でガスが霧氷となって張り付いたようだ。
IMG_0174.JPG

▼塔~丹沢山方面アップ
IMG_0176.JPG

▼行者の鎖場とコイワザクラ
IMG_0193.JPG
IMG_0189.JPG

▼木ノ又小屋の工事は間もなく完成か。
IMG_0214.JPG

▼塔ノ岳が近づくと稜線北側に霧氷が見られるようになってきた。
IMG_0236.JPG
IMG_0239.JPG

▼塔ノ岳に13:16到着、稜線歩きはここまで。
IMG_0256.JPG


【大金沢下降~箒杉沢~玄倉林道(資材運搬路)】
 尊仏岩跡を訪問したらそのまま気持ち良い自然林を降り、大金沢右俣の標高1210m辺りで沢床にピンポイント下降、丁度湧水があって水流が現れる地点だ。
 下降は4年ぶり2回目(遡行は3年前にあり)となったが、左右に新たな崩落が複数個所発生、尖った礫や邪魔な倒木も増えてF1落ち口まで想定より大分時間がかかってしまった(左足が上手く使えないこともあるが)。

 F1以降は巻き道を含んで特に支障なく竜ヶ馬場沢、小金沢と出会って箒杉沢へ、左岸側を歩いて玄倉林道(資材運搬路)に出る。

▼尊仏岩跡下降途中の大岩にはツララが成長していた。
IMG_0263.JPG

▼下に続く気持ち良い自然林とシナノキ大木
IMG_0277.JPG
IMG_0279.JPG

▼大金沢湧水下の2段滝、左を巻き降りてきた。
IMG_0288.JPG

▼新たな崩落
IMG_0305.JPG

▼F1落ち口
IMG_0309.JPG

▼広大な箒杉沢に合流
IMG_0321.JPG

🌸箒杉沢沿いの「マメザクラ」「ミツバツツジ」
IMG_0326.JPG
IMG_0329.JPG


【以降、寄バス停まで】
 鍋割峠、中ッ峠、雨山峠のどれを越えて寄に出るか迷ったが、オガラ沢には6弁花のツルシロカネソウが生育していることを思い出しオガラ沢から中ッ峠越えを選択。

 残念ながらゆっくり観察する時間が無く6弁花には出会えなかったが、花期の長い花だ、まだ機会はあるだろう。

 中ッ峠を越え鉄砲沢二俣から鍋割歩道1000m鞍部を経由して茅ノ木棚山稜横断までは順調だったが、この後にまさかのルートミス。

 寄沢沿い登山道への何度も登り降りしたことのあるショートカット尾根を下降したつもりが右隣の尾根を下降してしまった。慣れによる油断が原因だろう、よく確かめもしないで目の前の尾根に入り込んでしまった。
 あまりにもアセビが煩く、おかしいなと思ったのは標高差にして50m程は降った辺り、このまま降ると記憶では尖端はザレた崖地状、戻るのがセオリーだが、一方ではドキドキ緊張感を楽しんでいる。
 結局そのまま下降、崖地上に立って暫し休憩後、じっくりと見下ろし弱点を探してどうにか無事に降りたったが反省しなければ。

 後は登山道で下山、山道が終わったら日が暮れ、暗くなった林道テクテクと歩いてバス停へ。

▼オガラ沢
IMG_0338.JPG

🌸ツルシロカネソウ、6弁花は見つからなかった。
IMG_0339.JPG

🌸「ミツバコンロンソウ」
IMG_0343.JPG

🌸この沢にもハナネコがいっぱいだったが、もう赤い葯は残っていなかった。
IMG_0352.JPG

🌸「ヒナスミレ」
IMG_0347.JPG

▼中ッ峠通過16:12
IMG_0355.JPG

▼鍋割歩道1000m鞍部通過16:52
IMG_0370.JPG

▼茅ノ木棚山稜横断後のミスった尾根、アセビ繁茂のヤセ尾根だった。
IMG_0376.JPG

▼降りてきたザレ斜面、写真ではそれ程には見えないが結構絶っている。
IMG_0379.JPG

▼ここに降り立った。ほとんどショートカットにはならずに時間だけかかってしまった。
IMG_0381.JPG

▼ハイお疲れさん、登山口に18:23に出てどうにかヘッデンは点けずに山道を終了。
IMG_0388.JPG


33.6km(山行分は29.7km)
52,695歩(山行分は46,990歩)
ヒヤリハット:
①ルートミスによるヒヤリ
②左膝の痛み

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 155

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい